株式会社リサイクルクリーン

メルマガ

2018年11月05日

廃棄物ひとくちコラム

第31回  <産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)の保存に際して>

前回は、産業廃棄物管理票(通称:マニフェスト伝票)に関する規定強化の歩みについて書きましたが、排出事業者の皆様に是非お願いしたことがありますので、今回はそれについて書いてみたいと思います。お願いしたいのは、管理票A票の右下にある「確認照合」欄への日付記入のことです。
center
私も現役時代、しばしば排出事業所への立入検査を行いましたが、この欄に記入がない事業所が、半分以上でした(当時)。法第12条の3第6項には、「管理票交付者(排出事業者)は、管理票写しの送付を受けたときは、当該運搬又は処分が終了したことを当該管理票の写しにより確認し、かつ当該送付を受けた日から5年間保存しなければならない。」 と規定されています。直接日付記入を義務付ける記述ではありませんが、「確認し」「送付を受けた日から」の内容から、この欄に日付記入する以外に規定遵守の方法が見つかりません。

管理票の写しが手元に戻り、A票と照合し綴じ込んだ日を確認日にすると良いでしょう。当然に、3枚の写しは別々の日に返送されることも想定できますので、その都度記入をお願いします。手元に残るA票、返送されたB1、D、E票がばらばらに確認されることなく保存されている状況は、管理票の使用目的である「適正処理終了確認」を怠たり、法規定に違反していることになりますので、適正な対応をお願いします。

また、A票交付から90日(特管物の場合は60日)経過しても、B1,D票のどれかが返送されない場合、又は180日経ってもE票が返送されないときは、委託先に確認を取るとともに、その状況を許可権者あて報告する義務が課されています。単に委託先の事務処理ミスで返送されないこともありますが、実際に、委託先でトラブル等が生じ、これらの伝票が返送されないこともあります。後者のケースで、必要な措置を講じなかった排出事業者は、トラブルによって放置された廃棄物の撤去命令(措置命令)の対象者になる厳しい規定が設けられていますので、照合確認は非常に大切な作業と言えます。当然のことながら、確認・報告等の必要な措置を講じていれば、管理票照合に係る措置命令の対象者になることはありません。

迅速・確実・安全!ゴミの回収はお任せください!

お見積もり無料
  • 静岡県西部・愛知県

    0120-01-5255

  • 静岡県中部・東部

    0120-06-0617

  • お問い合わせ時間は7:00〜19:00まで
  • コンビニ決済・銀行自動引落に対応
  • お問い合わせ
●産業廃棄物収集運搬業 静岡県第02221000340号
愛知県第02300000340号
三重県第02400000340号
富山市第08505000340号
●特別管理産業廃棄物収集運搬業  静岡県第02251000340号
愛知県第02350000340号
●産業廃棄物処分業 静岡県第02221000340号
浜松市第06321000340号
●一般廃棄物 収集運搬業 浜松市、磐田市、袋井市、森町、掛川市、御前崎市、藤枝市
静岡県全域
静岡市、浜松市、沼津市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町、島田市、焼津市、藤枝市、 牧ノ原市、吉田町、川根本町、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、富士市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の 国市、函南町、清水町、長泉町、小山町、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町
愛知県
豊橋市、豊川市、岡崎市、蒲郡市、田原市、新城市

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ