RPF 設備・製品紹介

(株)リサイクルクリーン桜台工場では

地球にやさしい燃料 RPF を製造しています。

桜台RPF工場製造能力

ホームページからRPFの製造量がチェックできます😃

 

RPFとは、Refuse derived paper and plastics densified fuel の略

今まで埋立や焼却されていた産業廃棄物を選別・破砕・成型する

ことで石炭に代わる固形燃料を製造します。

燃料は大手製紙工場のボイラー等で利用されます。

発熱量は6000~7000kcal/kg

RPF

地球にやさしい理由は・・・

①今まで焼却や埋立されていた廃プラスチックと紙にリサイクル

できない紙くずを燃料化。そのため、ボイラーで用いられた

重油・石炭が不要になっています。

②重油、石炭が利用されていた時のCO2は無くなり、RPFによる

CO2は今まで単純に焼却されていたときのCO2と同じなので

重油・石炭分のCO2が減っているのです。

↑ パンプレットです

 

RPFの原料

加工紙、ラミネート紙、切り落とし紙、フィルム類、シュレッダー類の紙くず

廃プラスチック ポリエチレン(PE)買い物袋、通い箱等

ポリプロピレン(PP)通い箱、包装袋

ポリスチレン(PS)食品トレイ、発泡スチロール

ポリエチレンテレフタレート(PET)PETボトル

ポリカーボネート(PC)

アクリルブタジエンスチレン(ABS)

ナイロン(PA)

アクリル(PMMA)

ポリウレタン(PU) など・・・

 

 

原料として使用できないもの

ポリ塩化ビニル(PVC)

不飽和ポリエステル樹脂(FRP)

フェノール樹脂

 

RPF化によるお客様のメリットやRPFの特徴など

(コスト削減のお手伝いができます!!)

詳しくは こちら で!

 処理方法を見直しませんか?

担当営業がお伺い致します