「メールマガジン」タグアーカイブ

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.69

メールマガジンvol.69


1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記


このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。


 

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

仲秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。8月17日に浜松市において41.1℃の日本最高気温ランキング1位タイを観測したのが嘘のように秋を越えて冬になったような感じです。

さて、我々リサイクル業界では小型家電等に内蔵されている「電池」などが原因の火災事故が頻繁に発生しております。弊社においても令和元年1月19日未明、袋井工場にて火災事故が発生、関係各所には大変ご迷惑をお掛けいたしました。その教訓を生かして袋井工場には独自開発による「火災発生時の初期消火システム」を導入し、他工場においても適宜導入していく予定となっております。

火災発生時には、回収・処理業務が出来なくなりお客さにご迷惑を掛けてしまう事となります。1箇所で処理業務を行っている業者は即営業ストップ。回収・処理業務が出来なくなってしまいます。その点弊社では、本社第一工場、第二工場、大川工場、桜台工場、磐田工場、袋井工場、袋井RPF工場、岡部工場と廃掃法15条許可の産業廃棄物中間処理施設を8箇所運営しており、万が一の事態でもお客様にご迷惑をお掛けする事がありません。数ある業者を選定する際、そのような観点で一考していただくのも宜しいかも知れません。

季節の変わり目につき健康管理には十分留意して下さい。


 

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.一般廃棄物収集運搬業許可について(営業部・佐藤)

一般廃棄物は市町村が処理計画を定め市町村自らが処理を行うことが原則です。但し、市町村による一般廃棄物の処理が困難な場合は一定の条件を満たした事業者の申請により許可を与え、一般廃棄物の処理を委託することができます。従って一般廃棄物の収集運搬、処分を行うためには業務を行おうとする区域を管轄する市町村長の許可を得ることが必要です。そして許可を得るためには以下の条件が必要となります。

(続きはリンク先)

2.袋井工場施設紹介(袋井工場・山田)

袋井工場は建設混合系廃棄物を自動選別によって高度な選別をすることができる室内型産業廃棄物処理施設です。重機や手選別によりある程度選別された廃棄物は自動選別ラインに投入され更に細かく選別され廃棄物の再利用に向けて処理されます。自動選別ラインでまずバリオセパレーターにて軽量物、重量物、細粒物に分別されます。軽量物の手選別ラインで異物を取り除きRPF原料になります。重量物ラインは手選別で木くず、非鉄が拾われ磁選機によって金属が拾いだされます。

(続きはリンク先)

3.大川工場新設備の紹介(大川工場・鈴木)

9月12日にバリオセパレーターの選別ラインにスポットクーラーを設置しました。朝、晩はだいぶ涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続くため熱中症対策に役立っています。

(続きはリンク先)

4.材料承認(再生盛土材・再生基礎裏込材)更新のお知らせ(磐田工場・麻生)

毎年、静岡県が定める「盛土材料取扱基準」品質等の調査が行われます。本年度も、適合し承諾を頂く事が出来ました。令和2年度の再生砕石(再生盛土材・再生基礎裏込材)の材料承認が御用意できます。

使用期間  自 令和 2年 8月25日 (承諾日)
至 令和 3年 8月24日

ご入用の方は、㈱リサイクルクリーン磐田工場まで連絡下さい。

(続きはリンク先)

5.許可の変更について(桜台工場・齋藤)

令和2年9月11日に桜台工場の既存破砕施設と固形燃料製造設備の破砕施設について24時間稼働の許可が下りました。内容としては既存破砕施設が廃プラ73.39t/日 木屑66.28t/日 がれき類264.64t/日になります。これに合わせて固形燃料製造設備の破砕施設が廃プラ・木屑それぞれ108.48t/日となります。尚、新設となる圧縮プレス機に関しても9/17(木)に無事に試運転を終え24日(木)の役所の確認を待つのみです。

(続きはリンク先)


 

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.アパート解体工事について(工事G・三倉)

軽量鉄骨造のアパートを掛川市内にて解体しました。駐車場が広く作業状況は全く問題ありません。屋根材を人力で撤去後、内装造作をきっちり解体します、その後 重機で上屋・基礎を解体 整地して完了となります。近隣住民様にご迷惑をお掛けしないようオペレーター、手元作業員と共に細心の注意を図り工事を進め、皆の協力で無事に完了することができました。

㈱リサイクルクリーンでは様々な解体工事を施工しています。解体工事のご計画のあるお客様、是非 お問い合わせくださいお待ちしております。見積り無料!

(施工の様子はこちら)

2.浜松市 民間建築物 吹付アスベスト対策事業について(工事G・乗松)

吹付アスベストは(石綿)は、長年にわたり、建築資材として多くの建築物に使用されてきました。空気中に飛散したアスベストの繊維を吸引後、長い年月を経て肺がんや中脾腫等の健康被害を引き起こす原因となることが明らかになってきました。今現在、吹付アスベストの使用は禁止されていますが、依然として吹付アスベストを露出したままで放置をされている建築物が多々見受けられます。放置をしておくと劣化して、空気中に飛散し健康被害を引き起こします。

平成元年以前の建築物の吹付材には、アスベストが含まれている場合があります。浜松市では、安全で安心なくらしを確保するために、民間建築物の吹付けアスベストの分析調査や助教等の工事にかかる費用の一部を醸成する事業を実施しております。先ずは、浜松市都市整備部建築行政課へ事前協議をしてください。事後申請は、出来ませんので、ご注意ください。
※バーミキュライト、パーライト、仕上げ塗材の除去は、対象外です。助成の手順は、以下の通りです。

(続きはリンク先)

3.産業廃棄物処理委託先の現地確認について(廃棄物G・池ヶ谷)

日頃御世話になっております。排出事業者が産業廃棄物処理を委託する場合、処理状況を確認する旨が廃棄物処理法にて定められています。

【廃棄物処理法第 12 条第 7 項
事業者は、前二項の規定によりその産業廃棄物の運搬又は処分を委託する場合には、当該産業廃棄物の処理の状況に関する確認を行い、当該産業廃棄物について発生から最終処分が終了するまでの一連の処理の行程における処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるように努めなければならない】

この条項はあくまで「努力義務」である為、現地確認を義務付けている内容ではありません。
ただ自治体によっては条例等で「実地確認」を義務付けている場合があります。

(続きはリンク先)

4.RPF燃焼製造設備設置について(藤枝営業所・鈴木)

いつもお世話になっております。弊社の日頃の事業運営に関しまして、一方ならぬご指導とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。現在弊社では、浜松市西区桜台にあります桜台工場にて、RPF燃料製造設備を設置する為の準備及び各種手続きを進めております。今回こちらの設備を設置することによって、環境にどのような影響があるのか説明させていただきます。

(続きはリンク先)

 ※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

 


 

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第54回

<廃棄物処理法に基づく立入検査について>

先月号では、廃棄物処理法第18条に基づく報告徴収について書きましたが、今回は第19条に基づく立入検査について書いてみたいと思います。 まず、法第19条第1項では、「都道府県知事(政令市長を含む。)又は市町村長は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、事業者、処理業者その他関係者の事務所、車両、廃棄物処理施設に立ち入り、廃棄物若しくは廃棄物であることの疑いのある物の保管、収集運搬若しくは処分、廃棄物処理施設の構造若しくは維持管理等に関し、帳簿書類その他の物件を検査させることができる。」と規定されています。

前回と同様にこの規定を解釈すると、以下のとおりとなります。

(続きはリンク先)

2.品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

季節は早いもので10月となりました。昔と違って四季の移り変わりを肌で感じることはめっきり少なくなりましたが、植物は葉を落とし、季節の果物は例年通りに実ってきています。私自身も山間地の農地整備されていない狭い田んぼでお米を作っていますが、今年の実りは余り良くありません。科学肥料は使用しない、殺虫剤や殺菌剤は使用しない等できるだけ無農薬農法で10年程前から稲作を続けていましたが、今年は病害虫の被害がひどく殺虫剤にて対策をしましたが、収穫は例年の半分程と寂しい結果となってしましました。また今年は静岡県襲来の大きな自然災害も来てはいませんが、国内を見渡すと甚大な被害が出ています。あと少しでお米の収穫もできますので、それまでは秋晴れが続くことを望んでいます。

さて、弊社ではかねてから計画し進めていました桜台工場の設備工事が着々と進行しております。

(続きはリンク先)


 

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)


 

◇◆ 編集後記 ◆◇

先日、社内研修として「新聞講座」というものを開催しました。静岡新聞社の記者を講師として招き、新聞の読み方的な基礎からスタートし、実際に作られた新聞記事を読んで自分なりに記事の見出しを付けるいうワークショップ形式も含めた研修です。参加者は全員管理職ですので人前で話しをする機会も多い社員が中心です。情報を得る(インプット)だけでなく、伝える(アウトプット)事に活かすというのが目的の研修でした。

意外(予想通り?)なことに15名の参加者のうち日常的に新聞を読む習慣があるのは3名のみ。世の中の出来事はSNSを中心としたウェブで情報を得る人が多いことを改めて実感したのですが、SNSはアルゴリズムや属性により情報が偏りがちです。これだけSNSが発達し過ぎた現在だからこそ、新聞というアナログメディアの重要性が逆に高まっていると研修を主催した私は考えるのですが、如何でしょうか。


★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp


★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

 


バックナンバー


㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.66

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.66

1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記

このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。さて、このたび弊社では日頃の感謝の気持ちを込めて、7月1日~8月31日まで「夏のご新規様限定キャンペーン」を開催しております。

廃棄物処理キャンペーンでは、廃棄物処理・コンテナ等を新規ご契約のお客様先着100名様に、オリジナルBOXティッシュ5箱+オリジナルタオル+「炭焼きレストランさわやか」プリペイドカード最大3,000円分+個人のお客様にはTポイント2倍プレゼント。

解体工事キャンペーンでは、解体工事お見積り先着100名様にオリジナルBOXティッシュ5箱+オリジナルタオル+「炭焼きレストランさわやか」プリペイドカード1,000円分プレゼント。更にキャンペーン期間中のご契約で見積金額の5%割引+個人のお客様にはTポイント2倍プレゼント。

お得なサービスが盛りだくさんです! ぜひご利用ください!

日に日に暑さが厳しくなる今日この頃です。皆様におかれましては、何卒ご自愛の程よろしくお願い申し上げます。

弊社取り扱い業務・・・一般廃棄物収集運搬・産業廃棄物収集運搬処分、RPF(固形燃料)製造販売※廃プラスチック処分、機密書類リサイクル、ダンボール・古紙回収、金属類回収、医療系廃棄物回収、水銀使用廃棄物(蛍光灯等)回収、グリストラップ(油水分離槽)清掃、建物解体工事、建物清掃業務、遺品整理など。

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.RPF発電のメリット(袋井RPF・山口)

私たちの生活には火は欠かせないものです。産業革命以降、世界中でガソリンや石炭等の化石燃料を主要燃料として用いてきましたが、CO2や排気ガスによる深刻な環境問題が発生しています。化石燃料の代替燃料として用いることで大気汚染の原因である排気ガス、ダイオキシンを抑制する事が出来る、それがバイオマス燃料の一つであるRPFです。

(続きはリンク先)

2.弊社使用クレーン(業務・市川)

雨後の蒸し暑い季節に入っていると思われますが、皆様どの様にお過ごしでしょうか。6月19日、東京アラート解除と東京都内休業要請全面解除になりました。まだまだ予防をして行かなければいけない気がします。ここ最近、静岡県西部地区にも1名、感染者が出たとか、他県へ仕事に行く方々は私もそうですが、しっかりと予防対策をして行きましょう。・・・マスク熱いですけど。

(続きはリンク先)

3.岡部工場業務内容(岡部・村松)

岡部工場は主に県中部地方、遠方になりますと伊豆地方までの産廃物の回収を承っております。回収車両は2tフックロール1台、2tダンプ1台、4tフックロール2台、4tパッカー車2台、小型移動式クレーン車が9台(ショート7台、ロング1台、増t1台)保有しております。業務内容は、平積み~BOX交換まで可能としております。全工場共通ですが、即日対応をモットーに、迅速、丁寧、安心を心がけ作業させて頂いております。産廃物以外にも、解体工事、一般廃棄物収集運搬(藤枝市)も業務としておりまして、その他にもグリストラップ清掃、仮設トイレ貸し出しなども承っております。今月からはキャンペーンも開催中ですのでこの機会に是非とも宜しくお願いし致します。

4.サーキュラー・エコノミー(浜松・北島)

非常事態宣言が解除され経済も徐々に回復してくると思います。ステイホームの中皆さんは何をしていましたか?日本中で家の片付け、断捨離をした方が多いと思います。もちろん不要物がたくさん出れば可燃ごみが増え焼却場から出る温室効果ガスが地球温暖化に大きな影響を与えているのは皆さんご存じだと思います。そこで大切になってくるのが「サーキュラー・エコノミー」です。

(続きはリンク先)

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.蔵解体工事について(工事G・三倉)

コンクリート造の蔵を浜松市内にて解体しました。コンクリート造の蔵は結構珍しいものです、敷地の状況的には隣家境界付近に建っており廃材の落下・粉塵の飛散などの注意点があります。近隣住民様にご迷惑をお掛けしないようオペレーター、手元作業員と共に細心の注意を図り工事を進めました。皆の協力で無事に完了することができました。

(続きはリンク先)

2.自家用電気工作物について(工事G・乗松)

「ご存じですか?」
「電力会社から600ボルトを超える電圧で受電する電気設備」や「一定出力以上の発電設備」等は、「自家用電気工作物」として電気事業法の規制を受け、国への手続き等が必要となります。

「主な手続きは、次の2つです。」

(続きはリンク先)

3.7月、8月のキャンペーン案内(廃棄物G・萩尾)

いつもお世話になっております。リサイクルクリーンでは3月、4月に「春のご新規様限定キャンペーン」を行い多くの方に、お問い合わせ、契約をいただきました。春に続いて7月、8月にも「夏のご新規様限定キャンペーン」を行います。キャンペーン対象商材は、各コンテナ利用、産業廃棄物回収、グリストラップ清掃、解体工事等、弊社の取り扱い業務が対象になります。

各コンテナ利用、産業廃棄物回収、グリストラップ清掃等の新規お申し込みのお客様には、オリジナルBOXティッシュ(5箱)、オリジナルタオル、炭火焼きレストランさわやかのプリペイドカード(金額はご契約内容に変わります。)を差し上げます。個人のお客様にはTポイントを2倍も差し上げます。

解体工事のお問合せをいただいたお客様で、お見積り依頼を頂いた方には、オリジナルBOXティッシュ(5箱)、オリジナルタオル、炭火焼きレストランさわやかのプリペイドカード(1,000円分)を差し上げます。ご契約になったお客様には、お見積金額からの5%割引とTポイントを2倍差し上げます。

春のキャンペーンを逃した方も、ゴミ、廃棄物、解体工事でお困りの方もお気軽にお問合せください。

※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第51回

<建設工事に係る排出事業者について>

産業廃棄物の処理責任は、排出事業者にあるという廃棄物処理法の大原則から、誰が排出事業者に当たるかは、正しい理解をしないと法違反に繋がることがあります。通常、不要物の占有者が排出事業者とされていますので、占有権を持っている当該物の持ち主が排出事業者となります。製造業や農業・商業等の業種では明確で、廃棄前(不要物化前)の時点で占有=使用していた者が、それに該当します。

ところが、建設工事については、建築物・工作物の占有者(使用者)が排出事業者になるのではなく、当該工事の元請者が排出事業者になるという特例があります。廃棄物処理法では珍しく、運用通知ではなく法第23条の3という1条を設けて、「建設工事に伴い生ずる廃棄物の処理に関する例外」として規定しているのが特徴です。この条文は、約10年前の平成23年法律改正で新たに追加されたもので、今回のコラムでは、ここに至るまでの紆余曲折について書いてみたいと思います。

(続きはリンク先)

2.BCP事務局便り

こんにちは。㈱リサイクルクリーン事務部の鈴木達也です。第35期経営方針の「事業継続計画(BCP)の策定・実施」の状況ですが、各部門のBCP責任者から、続々と宿題が提出されてきています。この全部門の取りまとめが意外に大変です。

(続きはリンク先)

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)

◇◆ 編集後記 ◆◇

コロナ太り解消、という訳ではありませんが、24時間営業の某スポーツジムが自宅近くにオープンしたことを機に入会しました。それ以前も別のスポーツジムに通っていたのですが、入会当初は客層の違いに若干の戸惑いを感じました。何といっても若い!のです(以前のところが逆にご年配の方々が多かったというのも・・)。

一人自宅で身体を動かすよりスポーツジムに通った方が継続や効果を得やすいのは、結局のところ人の目を意識するか否かということでしょう。少なくとも意思薄弱な私はそうです。若い方々に混じって負けじと汗を流していると、その時間だけでなく生活全般に張りが生まれるような、そんな新しい刺激を最近楽しんでいます。

★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp

★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

バックナンバー

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.64

メールマガジンvol.64


1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記


このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。


 

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。

4月7日付けで環境省から各都道府県知事宛に「緊急事態宣言を踏まえた新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物の円満な処理について」の通知が出されました。その通知の一文に、「こうした状況下にあっても、廃棄物処理は、国民生活を維持し経済を支える必要不可欠な社会インフラであり、新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物を適正に処理しつつ、それ以外の廃棄物の処理についても安定的に業務を継続することが求められます」という箇所があります。そして、廃棄物処理業務におけるウイルス感染症対策が適切に実施されるよう、①廃棄物の処理業務が継続のため講ずべき措置について②廃棄物処理事業の継続について③宿泊療養や自宅療養に対応した廃棄物処理についてが注記されています。

我々の業務が、国民生活を維持し経済を支える必要不可欠な社会インフラであることを自覚しながら業務を継続していこうと思います。一日も早く平穏な生活が戻ってくるよう願っております。

※3月4月に実施した「春のキャンペーン」では大変多くのお問合せをいただき、誠にありがとうございました。


 

◇◆ 新型コロナウイルス感染症に関する取組及び対応について ◆◇

「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく感染症拡大に伴う緊急事態宣言が全国に拡大されたことを受け、弊社での取組及び対応を掲示します。

新型コロナウイルス感染症に関する取組及び対応について

感染を回避するために、従業員一同、全力をあげて「新型コロナウイルス感染症に関する取組及び対応」を行ってまいります。尚、弊社従業員が罹患した際には、直ちにお取引先様へ通知を行い、弊社ホームページでの告知を実施いたします。


 

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.廃プラスチックの低コスト処分(袋井RPF工場・山口)

5回目の掲載になります袋井RPF工場です。全国的に新型コロナウイルスの蔓延で多方面での自粛ムードが高まっており、感染拡大を防止するためテレワークや在宅勤務などにシフトチェンジされた方も多いのではないでしょうか。 我々の仕事に関しては、どうしてもテレワークなどへのシフトが物理的に難しく、また産業廃棄物処理という仕事は環境衛生保全のため地域のインフラを支えるため、止まることなく事業を継続していくことが重要になってきます。

(続きはリンク先)

2.改正フロン排出抑制法が施行(業務部・市川)

風薫る季節となりました、皆様どの様にお過ごしでしょうか。4月16日、全国に緊急事態宣言が発せられて数週間が経ちましたが、この文面を発行している時には終息していてくれると良いですが、どうでしょうか。静岡県でも1週間で50人を超え他県から来られる方の噂がちらほらと耳に入ります。自粛?この一言で何を思うのでしょうかね、自己防衛をするしか有りませんね。

4月1日より、改正フロン排出抑制法が施行
具体的に・・・

(続きはリンク先)

3.バリオセパレーターが本格始動(岡部工場・村松)

岡部工場工場長の村松吉裕です。私事でございますが、4月21日付けで岡部工場の工場長に就任致しました。現在、新型コロナウイルスの感染拡大により経済にも大きな影響を受けていることと思います。皆様は体調を含めいかがお過ごしでしょうか?

3月より岡部工場はバリオセパレーターが本格始動致しました。

(続きはリンク先)

4.再生資源の輸出に影響(浜松営業所・北島)

世界中で猛威を振るう新型肺炎コロナウイルスの感染拡大を受け、アジア諸国でも移動制限やロックダウンの動きが広まっています。そんな中、日本からの再生資源の輸出に影響が出始めています。マレーシアは古布や廃プラの輸出先、古紙の輸出量の多いベトナム、インドネシアも今後都市封鎖の流れになりつつあり、世界のサプライチェーンで成り立ってきた再生資源のリサイクルシステムは、輸出先国のコロナ対策によって崩壊しつつあります。

(続きはリンク先)

5.機密文書をリサイクルしながら処分出来ます(事務部・藤見)

昨今、企業が保有している機密文書や個人情報の取扱いに慎重な取り扱いが求められるようになりました。万が一、個人情報が漏洩すると企業の信用問題になりかねません。リサイクルクリーンでは、鍵付き機密処理フックロール車にて不要になった重要書類を溶解処理工場までしっかり輸送し、きちんと溶解処理を致します。溶解処理完了後、「溶解証明」を発行してお渡しいたします。

・自社でシュレッダーをするのが大変

・保管期限が過ぎたので安心安全に処理したい

・機密文書をどうやって処理していいか、わからない

こんな時に是非ご利用下さい。


 

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.一般廃棄物のご案内(工事G・高木)

さて、私は㈱リサイクルクリーンにおきまして、営業を担当している、高木と申します。当社の主力業務の一つである一般廃棄物のご案内をします。一般家庭から発生する可燃ごみ・不燃ごみ・粗大ごみ・し尿などの一般廃棄物は、各市町村の取り組み方針に基づき、我々業者も委託を受けて回収業務を行っております。

平成30年度のこうしたごみの排出数量は全国で4272万トン(前年比▲0.4%)、1人1日当たりの排出量は918グラム(前年比▲0.2%)になります。但し、これらの数量は台風・地震などの災害廃棄物を除いております。発生したごみは、処分に回るわけですが、ごみの焼却施設は1103施設→1082施設へと減少しております。

(続きはリンク先)

2.廃棄物保管場所標識(廃棄物G・大石)

新規のお客様から「産業廃棄物の保管場所には、掲示板はかならず設置しなければならないのか?」のお問い合わせがよくあります。この点についてお答えします。また、設置する際の注意点は?

廃棄物の保管場所には掲示板の設置が義務付けられています(廃棄物処理法 施行規則第八条より)。掲示板に記載する法定事項としては、以下4つがあります。

(続きはリンク先)

3.新型コロナウイルス感染症対策通知及び対応について(廃棄物G・池ヶ谷)

日頃御世話になっております。令和2年4月7日付けで新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言がなされ、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針が改正されました。

(続きはリンク先)

 ※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

 


 

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第49回

<不法投棄未遂罪について>

前回のコラムでは、全国の産業廃棄物の不法投棄発生状況についてお伝えしましたが、今回は、廃棄物処理法の中では少し異質の規定である「不法投棄未遂罪」について書いてみたいと思います。

法律第16条には不法投棄を禁止する規定が法制定当時からありますが、実際に廃棄物が地面に落下した後でないと、この「不法投棄罪」は成立しません。ですから、例えば崖の上にダンプカーが停車し、今まさに廃棄物を投棄しようとしている場合でも、荷台から廃棄物が落下した後でなければ法律違反を問うことはできない法規定となっていました。

(続きはリンク先)

2.品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

桜の季節も過ぎ寒暖の差はまだありますが、過ごしやすくなってきました。山を見れば新緑、そして、藤、ツツジ等の花々も咲き一年で一番過ごしやすく、心も沸き立つ季節です。しかし、今の日本、世界中がコロナと言う未知のウイルスと先の見えない戦いを繰り広げている現状ではこの季節を楽しむ事も出来ない憂鬱な時を過ごしているのではないでしょうか。空けない夜は無いではありませんが、医療関係者や研究者の方々のお力で治療薬、ワクチンが開発され一日でも早い日常が戻ることを祈るばかりです。

さて、弊社ではこの一年程各工場の設備の入替えや新設工事を進めています。

(続きはリンク先)


 

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)


 

◇◆ 編集後記 ◆◇

この原稿を書いているのは4月の末。不要不急の外出自粛ということで、ゆっくりとした時間が流れる中、普段なら敬遠したい古典と云われる本を手に取りページをめくっています。まず手にしたのは私の愛読書とも言える「方丈記」。「ゆく河のながれは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」という名文句は日本人なら知らない人はいないでしょうが、方丈記は日本最初の災害文学とも呼ばれているのは意外な人も多いかもしれません。こんな時期ですから改めて方丈記を味わうのです。

鴨長明は、自身が目の当たりにした度重なる災厄から無常観を形成し、隠遁生活に至る心情を日本文学史上屈指の美しい文章で綴っています。しかし、私が最も好きなくだりは「静かなる暁、このことわりを思ひつづけて・・」で始まり、突如一転「ただ、かたはらに舌根をやとひて、不請の阿弥陀仏、両三遍申して、やみぬ」とヤケクソ気味で終わる最後の段。無常を愛でながら、未曽有の災厄も喉元過ぎれば熱さを忘れる風潮を揶揄するのが鴨長明の本音であり、そんな人間の俗な営みは800年前も現代も全く変わらないのでしょう。


★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp


★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp


バックナンバー


㈱リサイクルクリーン メールマガジン12月号

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.59


1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記


このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。


 

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

紅葉の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、令和元年も残すところ2か月となりました。弊社にとっての繁忙期は年末と年度末になります。年末の大掃除は一年の煤を払い新年を迎える準備をする昔からの風習です。「あっ」いう間に過ぎてしまう12月。早め早めの準備を心掛けたいものです。

11月から開催中の「マル得ご新規様限定冬のキャンペーン」では大変多くのお問合せを頂戴し、誠にありがとうございます。従業員一同、感謝申し上げます。今回のキャンペーンは、廃棄物処理・解体工事等、弊社サービスで法人様、個人様を対象としております。12月末までの開催期間中、多くのお問合せ・ご依頼を頂けるよう宜しくお願いいたします。

「マル得ご新規様限定冬のキャンペーン」

廃棄物処理詳細ページ

解体工事詳細ページ

㈱リサイクルクリーン ホームページ

日に日に寒さが増す今日この頃、皆様方におかれましては、くれぐれもご自愛のほど宜しくお願いいたします。


 

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.バリオセパレーターの紹介(袋井工場・山田)

機械式選別機「バリオセパレーター」を紹介したいと思います。バリオセパレーターとは選別が困難だった建設系混合廃棄物を、高い精度で選別する事ができる機械式の廃棄物選別機です。

(続きはリンク先)

2.最近の大川工場について(大川工場・小嶋)

大川工場にバリオセパレーターという機械式の選別機を導入してから3カ月がたとうとしています。最初は不慣れだった作業員達も作業に慣れてきて、少しづつですが、より効率を上げるにはどうしたら良いか?を自分達で考え、アイデアを出してきてくれるようになってきました。

(続きはリンク先)

3.再生砕石B級品の紹介(磐田工場・麻生)

今回は、再生砕石B級品を紹介いたします。B級品とはコンクリート塊や瓦等を破砕したリサイクル材となっております。サイズは、0~40です。民間工事なら使用可能で、単価も300円/m3 と格安な商品です。大型ダンプでの配達も出来ます。是非、㈱リサイクルクリーン磐田工場までお気軽に御相談下さい。

4.湖東中学生の職場体験(桜台工場・齋藤)

11/7、11/8の2日間に渡り湖東中学校より2名の生徒さんが職場体験に来てくれました。桜台工場特有の医療系廃棄物の回収や工場内で産業廃棄物の選別などを行なっていただきました。日頃は経験出来ないようなトラックでの収集運搬の様子や廃棄物がどのように選別・処分されているのか学べたと思います。未来のリサイクルクリーンの候補生を無事に育成出来たと思います。今後も将来の為に様々な経験をし自らの糧にして大きく育って下さい。

5.51回ESJドライバー研修会参加(営業部・佐藤)

弊社もエコスタッフジャパン(ESJ)加入して1年ぐらい経ちました。ESJとは全国ネットワークを介して様々なサービスを提供していただける会社です。先日ESJ主催のドライバー研修会があったので私含め3人で参加してきました。講師は長年佐川急便に勤め、現在(社)全国セーフティードライバー育成協会会長蜂須賀豊彦先生によるもので、とても分かりやすくためになるものでした。そしてそんな講師の話を是非聞きたいという人たちばかりが集まったことはいうまでもありません。

(続きはリンク先)


 

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.冬のマル得キャンペーン開催中です!

11月・12月限定のマル得キャンペーンが始まりました。廃棄物処理新規お申込みのお客様は最大5千円分のQUOカードとオリジナルBOXティッシュ5箱プレンゼント。解体工事ご成約のお客様にはお見積り金額から2%割引します。さらに廃棄物処理・解体工事ともに個人のお客様には何とTポイント2倍プレゼントです!!

とてもお得な冬限定マル得キャンペーンは廃棄物処理・解体工事ともに先着100名様が対象です。お問い合わせはお気軽に!詳しくは以下のチラシをご覧下さい。気になっていた片付けや解体工事を、リサイクルクリーンのお得なキャンペーンを利用して身の周りをスッキリ、新年を迎えるようにしましょう!

キャンペーンチラシはコチラ

2.河川保全区域内での解体工事(藤枝営業所・鈴木)

河川法第55条(河川保全区域における行為の制限)
河川保全区域内において、次の各号の一に掲げる行為をしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、河川管理者の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める行為については、この限りでない。

一 土地の掘さく、盛土又は切土その他土地の形状を変更する行為
二 工作物の新築又は改築

(続きはリンク先)

3.廃油(産業廃棄物)とは?(廃棄物G・大石)

最近、お客様から廃油ってなに?引火性廃油と違うの?という質問が多いので改めて記述します。
【廃油】
事業活動に伴って生じた廃棄物であって下記のものを指します。鉱物性油、植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、溶剤、タールピッチ等、保管や運搬を行う場合、廃掃法、消防法なので規制されていて、関連する法規を確認して行う必要があります。廃油は「油」ですから、引火性を持っている場合があります。また、古い絶縁油にはBCPが含まれる場合もあります。取り扱いには十分注意しましょう。この中でも、引火点が70℃未満と燃えやすく、危険性が高いとされる揮発油類、灯油類、軽油類等【引火性廃油】といいいます。

4.石綿含有建材について(工事G・内山)

重量の0.1%を超えた石綿(アスベスト)使用した建材のことです。石綿含有建材は2006年(平成18年)9月から製造・使用が中止されているため、これ以降に工事を開始した建物・構造物には石綿は使用されていません。当社では、多くの建物解体工事をさせて頂いておりますがほとんどが2006年以前の建物です。よって解体する建物に石綿含有建材が含まれていないか事前に調査が必要となってきます。

(続きはリンク先)

 ※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

 


 

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第44回

<処分業における廃プラスチック類保管上限の緩和について>

前回のコラムでは、中国ショックに伴う廃プラ処理の逼迫に関して、環境省が一般廃棄物処理施設の活用を通知したことをお伝えしましたが、第2弾として「産業廃棄物処分業における廃プラスチック類保管上限を倍増させる」法令改正が行われましたので、これについて私の意見を書かせていただきます。

まず、改正内容を詳しくお伝えします。

(続きはリンク先)

2.品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

季節も大分冬めいて来ました。朝晩は気温も下がり本格的な冬の到来も間近です。先日通勤途中にある電光掲示板の温度表示が3度を表示しておりました。地球温暖化で100年に一度の異常気象が毎年そして夏場は毎月のように日本国内の何処かで発生しニュースになる昨今では寒くても冬の季節の方が安心して日常生活ができ山間地に住む私にとっては好きな季節に変わってきました。

さて、弊社では複数の工場で設備の入替え・新設工事を行っています。既に終了していますが大川工場では選別ラインの入替え工事をしました。

(続きはリンク先)

3.BCP事務局だより 第5回

6月より全部門の担当者が集まるBCP会議を2週間に1回の頻度で開催してきました。また、8月より各工場の部門別ミーティングで、全従業員対象にBCPの勉強会を行ってきました。社内でのBCPに対する意識はどんどん高まってきています。

(続きはリンク先)


 

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)


 

◇◆ 編集後記 ◆◇

11月中旬、いわゆるM&Aにより同じ浜松市内にある会社を買収し子会社化しました(詳しくは何らか別の機会に案内します)。まずは最初が肝心と、短期間で把握と掌握をするため、誰かに命じられた訳ではありませんが、その責任者であると自認して可能な限りの時間をこの新しいグループ会社内で過ごすここ半月でした。

私の腹づもりでは3年で売上高を1.5倍に伸ばせると確信していますが、それは自ら承知の通り机上の空論。過去の経験からしてもM&Aの成否についても、やはり人と人であると改めて実感しています。中小企業のM&Aは業務が属人的であるが為に尚更です。難しいが故にやり甲斐がある、そんな仕事にいま取り組んでいます。


★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp


★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp


バックナンバー


リサイクルクリーン メールマガジン 新年号

リサイクルクリーン メールマガジン 新年号

1.社長あいさつ
2.トピック
3.連載コラム
4.お得な情報
5.編集後記

このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

謹賀新年!明けましておめでとうございます。旧年中は何かとご厚情をたまわり、心から感謝申し上げます。今後も変わらぬご鞭撻と末永いお付き合いをお願い申し上げます。

平成31年の正月は「平成最後の正月」となります。今年は天皇陛下の生前退位により「平成」の時代が終わり、新しい年号の時代が始まります。平成の30年間には様々な事が起こり、生活を変えるような様々なモノや仕組みが誕生しました。進歩のスピードは益々速くなってくるように感じます。その流れに乗り遅れないよう、弊社も進化していく所存です。

本年も皆様方のご健康とご発展をお祈りしております。

◇◆ <トピック1> ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.法令等の改正について(工事G乗松敬享)

高所作業による安全帯が「墜落制止用器具」に変わります。現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは、2022(平成34年)1月1日までとなります。改正により、新たに特別教育の受講も必要となります。今後、政令等の改正について注意していきたいものです。

2.藤枝営業所通信「スプレー缶の処分について」

2018年12月16日に北海道札幌市のビルで42人が重軽傷を負う爆発事故が起きたのは記憶に新しいと思います。スプレー缶が身近な存在である現在、スプレー缶のガスが原因でここまでの規模の爆発が起きてしまうことは皆さんにとっても衝撃的だったのではないでしょうか。スプレー缶の捨て方は各自治体によって異なります。ここでいくつかの自治体におけるスプレー缶の捨て方をご紹介します。ちなみに、当社産廃処理コンテナの中に中身入りのスプレー缶が入っていた場合、不適合品として返品させていただかなくてはならないのでご注意ください。

(詳しくはコチラ)

3.水銀使用製品廃棄物の適正処理について(廃棄物G池ヶ谷)

平成29年10月1日に廃棄物の処理及び清掃に関する法律が改正され、水銀使用製品廃棄物(廃蛍光灯・廃乾電池等)に関する規制が強化されました。1年以上経過した今でも知らない人が多く、まだまだお問合せ頂く機会が多い為、改めてご案内させていただきます。

環境省から発信されている情報は → 水銀使用製品産業廃棄物

リサイクルクリーンでは対応する許認可上での適正ルートによる処理が可能です。水銀使用製品廃棄物の処理でお困りでしたらお問合せ下さい。宜しく御願い申し上げます。

4.建物解体の進め方(工事G内山)

建物の構造は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造等あります。解体工事の内容は違いますが大まかな手順は大体同じです。建物を調査して石綿等の有害建材の仕様の有無を確認します。必要があれば石綿含有の分析調査を行います。石綿含有の不明瞭な建材で分析調査を行わない場合石綿含有建材とみなして処理していきます。石綿含有建材の種類については、次回に。

5.浜松市でブロック塀撤去・改善の補助金が受けられます

弊社では申請の準備から施工まで一貫してお手伝い致します。詳細は弊社営業部までお問合せ下さい。撤去費の補助の条件、新設費の補助の条件、補助対象・金額など詳しくは以下をご覧下さい。

(詳しくはコチラ)

浜松市役所ホームページ

6.広報室からの案内

①ご注文はFAXが便利です! コンテナご注文(交換・引上げなど)の際には「FAX注文票」をご利用ください。 現在は主に電話でコンテナ交換・引上げなどのご注文を頂いておりますが、聞き間違え等のトラブルが発生することがあります。「FAX注文票」であればそのような事の発生を極力無くせますし、弊社営業時間外であってもお受けすることが可能となります。ぜひご利用ください!

「FAX注文票」ダウンロード

②リサイクルクリーンが分かる!(その1)ブログ随時更新中です 弊社では仕事の様子やサービス案内、各部署の特徴の紹介をテーマに19個のブログを日々公開中です。ぜひご覧ください!

リサイクルクリーンブログポータル

③リサイクルクリーンが分かる!(その2)広報誌と社内報公開中です 弊社では社内情報開示の一環としてホームページで広報誌、社内報を公開しています。社内報は年1~2回、広報誌は毎月発行となっております。ぜひご覧ください!

リサイクルクリーン広報誌「クリンだより」社内報「リサイクる」

いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

◇◆ 連載コラム ◆◇
1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第33回

<ワールドカップイヤーの年頭に当たって>

明けましておめでとうございます。今年は、日本が開催国となるラグビーのワールドカップが9月20日から11月2日まで全国12の会場で開催されます。地元静岡県でも小笠山総合運動公園「エコパスタジアム」を舞台に「日本対アイルランド」戦など4試合が行われることが決定しています。孫達がラグビースクールに入っている関係で俄かラグビーファンとなった私ですが、観戦チケットを入手できましたので今から観戦を楽しみにしているところです。

さて、このコラム掲載も4年目に入ります。読者の皆様には、興味を持ってお読みいただき、かつ日常業務に役立つ情報をお届けできるよう努めてまいりますので、引き続きご愛読くださいますようお願いします。年頭に当たり、まず廃棄物に係る話題を拾い出しながら昨年1年間を振り返ってみたいと思います。次の3つを挙げてみました。

(続きはリンク先)

2.経営企画室長竹本が世相を斬る「『断』『捨』『離』の薦め」の巻

皆様、明けましておめでとうございます。久し振りの投稿となります、経営企画室の竹本です。今回の投稿は皆様も年末に苦労されたであろう片付けについてです。皆様は断捨離(だんしゃり)と言う言葉をご存知ですか?

『断』だん、断る事、断つ事となります。これが意外と難しい。酒を断つ、たばこを断つ、ギャンブルを断つ、不摂生を断つ、挙げればキリがありません。要は悪しき習慣を断つ事にはそれなりの覚悟が必要となります。付き合いも同じ事が言えます。ついつい誘いに乗って参加すると言っちゃった!なんてありませんか?これが後々、人生に於いてかなりの影響を与えるなんて話はよくある事。また意味もなく参加している会合なんかも言えると思います。片付けと同じように「えい!」と思い切って捨てる(断る)と楽になるのですが・・・。

(続きはリンク先)

3.メルマガ編集長の虚言放言「TUBOJUNコラム」

最終回 <勧君須惜少年時>

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。亥年ということで、個人的には4回目の年男となります。今さら新年を迎えるに当って高揚感を覚えるようなトシではありませんが、「24の時は・・」「36の時は・・」なんて考えると、確かに時の経過を実感します。あの頃と比べると、若かりし頃と比べると、現在は狭き行動範囲と狭き興味範囲の中で惰性と無為に流されていると残念ながら感じざるを得ません。

「勧君須惜少年時」(君に勧める、ただ若き日を惜しめ)

中国唐代の詩人杜秋娘(としゅうじょう)による漢詩「金縷衣(きんるのい)」の一節。「ただ若き日を惜しめ」の訳文は名文句として有名になり、会社の近くにある二俣高校(現在は天竜高校に統合)の校訓であったとも聞きます。今まさに青春を謳歌する若者にではなく、ましてや過去の自分自身にでもなく、今現在の私こそこの言葉を噛み締めたいものです。若き日とは単に年齢で限定されるものではない、でしょ?

(続きはリンク先)

◇◆ お得な情報 ◆◇
1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)

◇◆ 編集後記 ◆◇

今回よりこのメールマガジンを営業部主体の情報発信のツールとして位置付け、営業部員がより情報発信を意識するよう多少リニューアルしました。時間に限りのある社会人にとってアウトプットはインプットの結果あるものではなく、アウトプットの必要に応じてインプットの量が決まります。逆に言えば、アウトプットの機会が無ければインプットは期待出来ません。このメールマガジンを通して、お客様に有益な情報を提供する目的のみならず、リサイクルクリーンの社員にとっても成長の場となれば尚幸いと考えています。
★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp
★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

メールマガジンにバックナンバーが掲載されました。

(株)リサイクルクリーンホームページ、お知らせ→メールマガジンにバックナンバーが掲載されるようになりました。

お得な情報がいっぱいです!

HP掲載アドレスへ空メールを送るだけです。

ぜひ!メールマガジン登録を!

弊社では月1回メールマガジンを配信しています。

2月経営会議

昨日、本社二階で「2月経営会議」を行いました。

弊社の会議体の構成は、①経営会議②部門長会議②部門別ミーティングとなっていて、経営会議における決定事項を部門長会議で具現化、部門別ミーティングで周知、実行するという形になっております。

次月には前回決定事項の進行状況を確認して、必要であれば方向修正します。

その他、継続事項の再確認等も行っております。

一つの決定事項を実行するためには、私を含め部門長の粘りと執念が必要不可欠です。

出来ない理由を言うのではなく、どうにかして出来る方法を考える事。

必ず道はあると思います。

リサイクルクリーン メールマガジン登録
メールマガジン登録は下記のアドレスに空メールを送ってください。
送信元のメールアドレスがメールマガジンに登録されます。
sinki-melmaga@recycle-clean.co.jp

毎月!好評配信中です。

バックナンバーはコチラ

(株)リサイクルクリーン メールマガジンvol.25

(株)リサイクルクリーン メールマガジン2月号、配信しました。

メールマガジンvol.25


1.社長あいさつ
2.<トピック>ホームページをリニューアルしました!
3.従業員募集のお知らせ
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記


このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。


 

◇◆社長あいさつ◆◇

厳冬の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。早いのもので、暦が変わってあっという間に1ヵ月が経過しました。年を追うごとに月日の経過が早く感じます。

さて、今月から弊社のホームページがリニューアルされました。各ページとも前回よりも見やすく、内容の濃いものに仕上がったと思います。弊社の営業品目についても詳細に記載しております。「リサイクルクリーン」で検索してみてください。

弊社の営業品目は、「産業廃棄物」「一般廃棄物」「建物解体」「一般土木工事」「古紙回収」「スクラップ回収」「機密書類リサイクル」「RPF(固形燃料製造・販売)」「コンクリートがら受入・再生砕石販売」「建設汚泥リサイクル」「医療系廃棄物収集運搬」「グリストラップ清掃」「建物清掃管理」「遺品整理」「不動産業務一般」「新車・中古車販売」他、多岐にわたります。

「常にお客様第一」の気持ちで全社員一丸となり業務を遂行する所存です。どんなに小さな事でもお気軽にお問い合わせください。まだまだ寒い日が続きます。健康にはくれぐれもご留意ください。今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。


 

◇◆ <トピック>ホームページをリニューアルしました! ◆◇

2月1日から当社のホームページをリニューアルしました。従来よりも見やすく、お客様が知りたい情報へのアクセスの改善を目的としてしてのリニューアルです。是非ご覧になってみて下さい。

新しいホームページはこちら。

また、HPの中には当社スタッフの横顔や日常の仕事を紹介するブログポータルのコーナーがあります。私たちの仕事内容をよりリアルに伝えていますので、是非ご覧になってみて下さい。

スタッフ紹介(ブログポータル)はこちら。


 

◇◆ 従業員募集のお知らせ ◆◇

年度末繁忙期の人手確保のため、ただいま当社各事業所では従業員を募集しています。短期アルバイトもOK。ご家族、親戚、友人、知人にお仕事をお探しの方がいましたら是非ご紹介をお願いします。

詳しい求人内容についてはこちら。

お問い合わせは・・・リサイクルクリーン管理部 053-925-5736


 

◇◆連載コラム◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」

第13回  <廃棄物処理法はどう変わったか(その1:罰則の強化)>

前回までに廃棄物処理法は重なる改正が行われたてきたことやその背景についてお伝えしましたが、今回からは、繰り返された改正の結果、法律の中身がどのように変化してきたかを見てみたいと思います。その第1回目として、法律違反を犯した際の罰則の変遷について、最も重い罰則を科している「不法投棄罪」を例に調べてみました。

まず法律制定時(昭和45年)には最高でも罰金5万円でした。現在との貨幣価値の違いを多めに10倍と見積もっても、いかに軽かったかがお分かりいただけると思います・・

(続きはリンク先)

2.警察OB川村顧問のコラム「一寸先は闇」

第12回  <高齢者の交通事故防止>

昨年中の交通事故統計が発表されました。その統計によりますと、全国の交通事故死者は3,904名で、このうち65歳以上の高齢者は2,138名で全体に占める割合は約55%に達しているという結果でした。一方、県内においては死者が137名でこのうち高齢者は85名で全体に占める割合は62%という結果で、静岡県は高齢者の交通事故死亡率が全国平均を大きく上回っていました。都道府県別では全国ワースト4 位という不名誉な結果になってしまいました。高齢化が進む昨今、高齢者が絡む交通事故が増加している現状は報道でも取り上げられている通りであります。

先月、遠州の小国神社を詣でた帰りの田舎道、自家用車を運転していたところ、前方の路肩を同方向にゆっくりと進んでいるセニアカーを発見・・

(続きはリンク先)

3.品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

大寒も過ぎ暦の中の季節は春に向かっているのに、日本列島はまだ底冷えする寒さです。この寒さ、60歳を前にしている私の身体にとってはとても堪えています。若き頃に患ったヘルニアが再発したかのように日々の仕事に影響を与えています。サクラの咲く季節が来ることをひたすら願う毎日です。

さて、今回はダイコー(株)による廃棄食品不正転売事件を別の視点で考えてみたいと思います・・

(続きはリンク先)

4.リサイクルクリーン営業マンの独り言

第13回  <横に大型な営業マンこと橋本の巻>

お世話になっております。今回の営業部連載のコラムを担当致します橋本と申します。よろしくお願いします。現在入社2年目の私ですが、営業活動中にお客様から頻繁に言われていることがあります。「貫禄がある」、「体格がいい」等の身体的誉め言葉?を日頃から戴いております。私は学生時代に中学・高校と柔道を、大学では重量挙げをしていました。このコラムでは重量挙げについて簡単なご説明と合宿の時の食事にについてお話致します。

あまり日本ではメジャーではない重量挙げですが、進学した大学の教授の中にたまたま重量挙げのオリンピックメダリストがいたのが私の始めたきっかけです・・

(続きはリンク先)

5.メルマガ編集長の虚言放言「TUBOJUNコラム」

第25回  <勘の正体>

皆さま、こんにちは!受験シーズンとなりまして、受験生ご本人も、そのご家族も少々落ち着かない時期です。私自身は大学受験から既に四半世紀以上経っていますが、いまだに受験生に戻った夢を見ることがあります。試験を目前にし、「ヤバい!何にも勉強してない!」と今さら焦ったところで夢から覚める。当時、割とお気楽な受験生だった記憶がありながらも、大学に落ちて「浪人」も経験していますし、どこかトラウマがあるのでしょうか。

1年間の浪人生活を経て結果的には志望大学に合格できたのですが、その試験当日、鮮烈な思い出があります。合否を分けると云われていたのは、苦手の数学。試験の前日、気休めにそれまで手付かずだった1冊の数学のテキストを手に取り、たまたま開いたページ。何となく気になった問題を解いてみたのです。結果、全く歯が立たず不正解。しかし私の思考回路とは全く異なる解き方を解説で読み、「面白い問題だな・・」と思ったのです。そして試験当日・・。

(続きはリンク先)


 

◇◆お得な情報◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)


 

◇◆編集後記◆◇

節分には「恵方巻き」を食べましたか?伝統的な食べ物である「太巻き」が「恵方巻き」というネーミングともに全国的にブレイクしたのは実はまだ最近の話です。その起源には諸説ありますが、江戸時代後期の大阪商人の商売繁盛と厄払いの風習にちなんで某大手コンビニが15年ほど前に「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品名で全国発売したことが有力だと云われています。近年盛り上がるハロウィンと同じくマスマーケティングの成果でしょう。

もっとも、恵方巻きは味云々といった「モノ」としてよりよりは、その年の恵方に向かって太巻きを食べるという「コト」としての楽しみでしょう。これも最近でいう「コト消費」のひとつ。私たちも「コト」を仕掛ける「コト・マーケティング」で地域や社会を盛り上げることが出来れば理想的です。ということで、今年の恵方は北北西やや右。せっかくですから大成功した「コト・マーケティング」に乗って、さあ、ご一緒にがぶり!


★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp


★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

 

バックナンバー