株式会社リサイクルクリーン

廃掃法豆知識

2018年10月01日

おしえてマロンさん

品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

9月は天候不順な日が続き体調管理には気をつかいました。夏の疲れが丁度出る頃です。弊社でも構内作業員、ドライバー等の体調管理には気を揉む毎日が続いています。廃棄物処理業のような環境関連の仕事にはきっても切れない廃棄物のリサイクル率、このリサイクル率をどのように高めていくのかも大切な項目のひとつです。

その為に作業効率を追求し作業員1人当たりの1日の廃棄物処理量を数値化し各工場単位で比較していますが数値ばかりに気を取られすぎ作業員の安全を疎かにする事はできません。会社として作業効率を高め廃棄物のリサイクル率向上を計ることやそれに会わせて利益率確保も重要な側面ではありますが、働いてくれる作業員の安全確保がもっとも重要ではないでしょうか。このように多くの側面を検証し改善し組織全体に周知していく事が必要であると考えます。

さて、静岡県産業廃棄物協会では毎年恒例になっています浜松市(廃棄物対策課)と連携し不法投棄撲滅に向け年間を通していくつかの行事を計画し開催しております。毎年5月30日「ごみ0の日」には浜松市の職員の方と産業廃棄物協会西部支部の役員が班ごとに分かれて浜松市内をパトロールします。以前と比較すると不法投棄の件数は年々減少しています。多くの不法投棄の中身を検証するとその殆どが家庭系一般廃棄物と廃家電リサイクル法の廃家電製品です。特に天竜川の河川敷をパトロールすると大変多くの廃棄物が捨てられていましたが最近では見つけることは少なくなっています。廃棄物の不法投棄に対する罰則規定が厳しくなった事もあるとは思いますが、やはり1人1人の意識が高くなってきているのではないでしょうか。

そしてもう1つ廃棄物協会として重要な取組でもある不法投棄廃棄物回収事案に関しては毎年多くの廃棄物協会の会員(処理業者と排出事業者)の方の協力を得て大掛かりに回収事業を行っております。今年は私も西部支部の適正処理委員長としてこの回収事案を責任者として担当することになっております。不法投棄の発生場所の多くは山間地の谷間であり普段から人目につかない場所です。回収場所は山間地の谷間でもあり危険がつきものですが、皆さん労力を惜しむことなく発揮しこの回収業務あたってくれます。不法投棄物で埋め尽くされた場所が綺麗な基の地形に戻っていくのを見るのは疲れも忘れて清清しくなるものです。今後もこの事業は続いていくことでしょうが廃棄物を取り扱う者としては不法投棄を撲滅するための周知業務にも取り組んでいかなければいけません。永い道程であると思いますが、静岡県廃棄物協会会員の1人として、また浜松市民として取り組んで行きたいと思います。「不法投棄0を目指して」

迅速・確実・安全!ゴミの回収はお任せください!

お見積もり無料
  • 静岡県西部・愛知県

    0120-01-5255

  • 静岡県中部・東部

    0120-06-0617

  • お問い合わせ時間は7:00〜19:00まで
  • コンビニ決済・銀行自動引落に対応
  • お問い合わせ
●産業廃棄物収集運搬業 静岡県第02221000340号
愛知県第02300000340号
三重県第02400000340号
富山市第08505000340号
●特別管理産業廃棄物収集運搬業  静岡県第02251000340号
愛知県第02350000340号
●産業廃棄物処分業 静岡県第02221000340号
浜松市第06321000340号
●一般廃棄物 収集運搬業 浜松市、磐田市、袋井市、森町、掛川市、御前崎市、藤枝市
静岡県全域
静岡市、浜松市、沼津市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町、島田市、焼津市、藤枝市、 牧ノ原市、吉田町、川根本町、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、富士市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の 国市、函南町、清水町、長泉町、小山町、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町
愛知県
豊橋市、豊川市、岡崎市、蒲郡市、田原市、新城市

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ