株式会社リサイクルクリーン

廃掃法豆知識

2018年05月07日

おしえてマロンさん

品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

5月を前に季節は春を通り越し、すっかり初夏のような気候です。、新緑も目に眩しい過ごしやすい季節となってきましたが、作業時の熱中症が心配される季節です。社員の体調管理には万全を期して作業環境の改善には取り組んで行きたいと思っております。

さて先日、業界紙である「循環経済新聞」の紙面に出ていた記事を紹介してみたいと思います。環境省がまとめた「産業廃棄物処理施設の設置、産業廃棄物処理業の許可に関する状況」2015年度実績です。この実績を見ると産業廃棄物の最終処分場の件数が減った一方で残存容量が微増となったとの事、また、産廃処理業・特別管理産廃処理業の許可件数も2014年度比で減少しているそうです。

【産廃処理施設】
・中間処理施設⇒1万8762件(前年度比64件増加)
中間処理施設数は廃プラスチック類や木くず・がれき類の破砕施設について廃止も多いがそれ以上に新規設置が多く微増となっている。

・最終処分場⇒1803件(前年度比24件減少)
遮断型は横ばい、安定型と管理型は微減となっている一方で残像容量を見ると微増ではあるが全ての処分場で増加している。
①遮断型⇒3万1146立方㍍(前年度9965立方㍍)
②安定型⇒6087万4025立方㍍(前年度6014万1434立方㍍)
③管理型⇒1億645万810万立方㍍(前年度1億589万3423万立方㍍)

【産業廃棄物処理業許可】
①産廃処理業⇒19万8279件(前年度比1158件減少)
②特別管理産廃処理業⇒1万9857件(前年度比292件減少)

【行政処分】
①報告徴収⇒6556件(前年度比1872件増加)
②立入検査⇒19万4324件(前年度比7842件増加)
③産廃処理業許可取消し⇒325件(前年度比5件減少)
④特別管理産廃許可取消し⇒12件(前年度比1件増加)
⑤産廃処理施設の許可取消し⇒44件(前年度比3件増加)
⑥改善命令⇒38件(前年度比5件増加)
⑦措置命令⇒5件(前年度比7件減少)

以上から最終処分場は新規の許可件数が少なく明らかに減少傾向にあることが読み取れる。しかし、残余量の増加に関しての要因に関しては、まとを得た説明は考察されていないのでわからないが、私が思うに循環型社会の構築に向けて全国の中間処理業者がより一層の廃棄物のリサイクルに取り組んできた成果ではないだろうかと思うがどうだろうか。また、首都圏においての最終処分場事情をみると管理型については東北から近畿の広域で処理されている、安定型処分場においては新規許可件数が少なく安定型処分場が希少施設となっている。

迅速・確実・安全!ゴミの回収はお任せください!

お見積もり無料
  • 静岡県西部・愛知県

    0120-01-5255

  • 静岡県中部・東部

    0120-06-0617

  • お問い合わせ時間は7:00〜19:00まで
  • コンビニ決済・銀行自動引落に対応
  • お問い合わせ
●産業廃棄物収集運搬業 静岡県第02221000340号
愛知県第02300000340号
三重県第02400000340号
富山市第08505000340号
●特別管理産業廃棄物収集運搬業  静岡県第02251000340号
愛知県第02350000340号
●産業廃棄物処分業 静岡県第02221000340号
浜松市第06321000340号
●一般廃棄物 収集運搬業 浜松市、磐田市、袋井市、森町、掛川市、御前崎市、藤枝市
静岡県全域
静岡市、浜松市、沼津市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町、島田市、焼津市、藤枝市、 牧ノ原市、吉田町、川根本町、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、富士市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の 国市、函南町、清水町、長泉町、小山町、下田市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町
愛知県
豊橋市、豊川市、岡崎市、蒲郡市、田原市、新城市

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ