ビジネスマッチングフェアはままつ 2017

今年も参加しました

アクトシティ浜松 展示イベントホール

私も手伝いに行きましたが

なかなかの盛況ぶりでした

用意した粗品1500個が完売状態!

熱心に対応している若手営業マンの姿を

頼もしく見守ってきました

営業部一同、事務員さん

2日間 お疲れさまでした

次回は磐田産業振興フェア(11月)の予定です

みなさん、お待ちしております。

 

 

 

こんなご依頼もあります。少しだけ撤去

お疲れ様です。

本日も暑い中、熱中症に注意して外での解体下見をこなしてきました。

正直この時期の解体下見は、立ち会って説明をしてくれるお客様も大変なので、なるべく早く、でも見落としの無いように心がけて下見をしています。

さてさて、今日の下見依頼の1件目は、隣の売地を買って家を建てる予定だが、隣の空き地に防草シート(草が生えてくるのを防ぐシート)が残っているので撤去して処分をした場合の下見でした。

どのくらいの量が出るか、どうやって作業をするか、排出のための道幅、作業をするのに条件があるのか等を確認します。

以上のようなことを確認して、お客さんに挨拶をして終了です。

2件目の見積り依頼は、作業場の敷地内にカーポートを作るために邪魔な樹木、石を撤去してほしいと言う見積り依頼でした。

1件目と違って排出が予定される廃棄物の種類が1種類だけではないので、 それぞれどれだけの量が出るかを確認します。

この場合では、樹木と石の2種類です。

後は、どうやって作業をするか、排出のための道幅、作業をするのに条件があるのか等を確認します。

この物件は建物との距離が近いので、建物を気づ付けないようにするための配慮も考えなければなりません。

工事してから「当たってしまいました。」「気づ付けてしまいました。」は通用しませんからできる限りの予防策を考えて行います。

以上のようなことを確認して、お客さんに挨拶をして終了です。

今回の1件目、2件目ともに、住宅の解体と比べると小さい工事・回収ですが、やることはしっかりとやって見積りを出させていただきます。

これ以外にも、ストッカーの撤去、土間の撤去など少量工事でも無料で下見見積りを出させていただきます。

よく、電話で説明されて「いくらぐらい掛かりますが?」と問い合わせがありますが、量だけでなく、周りの状況や、実際の物によって金額は変わりますので、お気軽にお問合せください。

リサクルクリーンのホームページ

 

 

こういったものも解体します

先日、とある業者様から茶畑の撤去依頼がありました。

約500平方メートルくらい

作業としては、バックホウという重機をいれて根っこごととってしまいます。

リサイクルクリーンでは、家の解体以外も行えるので、お困りのことがあれば、ぜひお問い合わせください。

こんなものの処分に困っていませんか?

リサイクルクリーンでは不要になったものの処分を承っています。

こんなものどうすればいいのか? 不要になったけど自分だけではどうしようもできない。

 

 

 

このようなことが起こったことはありませんか?

まずはご相談ください、担当営業マンがお伺いしてご提案をさせていただきます。

弊社では多種多様な車があり車両台数も約120台あるため早い対応が可能です。

廃棄物にお困りの際はぜひ弊社へ!!!

 

社会保険の知識の底上げに役に立つ

本日は浜北地域活動・研修センターにて弊社解体協力会による定時総会が開催されました。

協力会員の方々はもちろん、弊社社長を始め部門長、営業部員合わせると60名程度での会となりました。

今回は社会保険、福利厚生の知識の底上げのための講演会も行われ、参加者にとって有意義なものになったと思います。

解体協力会事務局を始め設営など手伝っていただいた方々ありがとうございます。

これからさらに暑くなることが予想されますので、熱中症対策を施して業務に取り組んでいきます。

ご安全に!

こんな場所でも解体します

リサイクルクリーンでは様々な

解体工事を請け負っています

どんな状況の現場でも対応します

安全第一、丁寧な仕事、廃棄物処理!

不用な建物、内装、瓦、駐車場、樹木伐採等

なんでも解体します。

ご用命お待ちしております。

 

 

これは業務用の冷凍庫です。

お疲れ様です。

今日はお問い合わせのあったお客様の下見に行ってきました。

昔、商売をやっていたお店で、昔使っていた機械などの下見をしてきました。

その中にあったちょっと処理が面倒な廃棄物を紹介します。

見た目はごみ箱のようですが、アイスや氷を入れておく業務用の冷凍庫です。

一般の家庭の片づけだとありませんが、昔商売をやっていて、飲食業だと結構出くわす廃棄物です。

この冷凍庫は家庭などで使っている冷蔵庫とは違い、家電リサイクル法の対象物では有りません。

処理をするには、中にあるフロンガスを抜き取り、フロンガスと冷凍庫それぞれ処分をします。

処理する手順としては、まずは冷凍庫からフロンガスを抜き取ります。

この時、フロンガスの種類、量を確認する必要があります。

種類と、によっては料金が違ってくるからです。

今回の冷凍庫以外に、ケーキのショーケースや、会社などで使っている業務用のエアコンなどもフロンガスを抜き取る必要があります。

大体の物には銀色のラベルが張られており、そこに必要な情報が書かれています。

下の写真の赤線を引いてる、冷媒と言う項目を見ます。R-12フロンガスの種類です。95gフロンガスの量です。

私達はこれを確認します。あと現場の状況も確認をします。フロンガスを抜き取るための機械は電気で動かすので現場は電源が確保で来るのか、作業スペースはあるのかなどをチェックします。

以上のことをチェックしたうえで、フロンガスの抜き取り破壊量が算出されます。

フロンガス抜き取り破壊処理をする際には、工程管理票を発行します。産業廃棄物で言うところのマニフェストです。

フロンガスを抜き取りを終えた冷凍庫は、産業廃棄物として、契約を結び、マニフェストを発行して、回収運搬処理となります。

リサイクルクリーンではフロンガスを抜き取り破壊とともに、産業廃棄物の運搬処理まで一過して行うことができます。

見積りは無料なので、処理を考えている業者様、元業者様お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらへ!

リサイクルクリーン ゴルフコンペ

 

6月17日にリサイクルクリーンのゴルフコンペが森町にある ザ・フォレスト カントリークラブで行われました。

総勢33名でのコンペとなりました。

自分は今回で2回目の参加となりましたが、前回に比べて少し技術的に成長できたのかと思います。気のせいかもしれませんが、、

天候もよく風もあり非常に回りやすいラウンドとなりました。

協力業者 様 お客様との親睦がより深まった気がします。

参加されたみなさまお疲れ様でした。 次回は11月を予定しておりますので振るうって御参加ください。

 

フロンガス回収もやります!

先日、現場にてフロンガスの回収を行いました。

今まで、業務用の冷蔵庫くらいの少量物しか扱ったことがありませんでしたが、今回は工場のエアコンのフロンガス回収です。

かなり、周りの人にご迷惑をお掛けしてしまいましたが、なんとか完了しました。これを機に今後はしっかりとした対応、段取りをしていきたいです。

ありがとうございました。

熱中症に気を付けましょう

今年もまた、熱中症の季節がやってきました。全員が対象となりますが、特に現場作業員のみなさん 熱中症対策を守って無事に乗り切りましょう。

熱中症の症状は熱けいれん、熱疲労、熱射病の3つに分けられます。熱中症重点警戒日として暑さ指数(WBGT)が28℃以上になる予報がだされている日は特別な警戒が必要になります。

日頃の体調管理、こまめ早めの休憩、水分・塩分・スポーツドリンクなどの補給、熱中症の注意情報の確認などして対策をしましょう。

症状がでてしまったら直ちに病院に行きましょう。ご安全に!

球団ワースト 12連敗 ガンバレ