「日記」カテゴリーアーカイブ

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.69

メールマガジンvol.69


1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記


このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。


 

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

仲秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。8月17日に浜松市において41.1℃の日本最高気温ランキング1位タイを観測したのが嘘のように秋を越えて冬になったような感じです。

さて、我々リサイクル業界では小型家電等に内蔵されている「電池」などが原因の火災事故が頻繁に発生しております。弊社においても令和元年1月19日未明、袋井工場にて火災事故が発生、関係各所には大変ご迷惑をお掛けいたしました。その教訓を生かして袋井工場には独自開発による「火災発生時の初期消火システム」を導入し、他工場においても適宜導入していく予定となっております。

火災発生時には、回収・処理業務が出来なくなりお客さにご迷惑を掛けてしまう事となります。1箇所で処理業務を行っている業者は即営業ストップ。回収・処理業務が出来なくなってしまいます。その点弊社では、本社第一工場、第二工場、大川工場、桜台工場、磐田工場、袋井工場、袋井RPF工場、岡部工場と廃掃法15条許可の産業廃棄物中間処理施設を8箇所運営しており、万が一の事態でもお客様にご迷惑をお掛けする事がありません。数ある業者を選定する際、そのような観点で一考していただくのも宜しいかも知れません。

季節の変わり目につき健康管理には十分留意して下さい。


 

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.一般廃棄物収集運搬業許可について(営業部・佐藤)

一般廃棄物は市町村が処理計画を定め市町村自らが処理を行うことが原則です。但し、市町村による一般廃棄物の処理が困難な場合は一定の条件を満たした事業者の申請により許可を与え、一般廃棄物の処理を委託することができます。従って一般廃棄物の収集運搬、処分を行うためには業務を行おうとする区域を管轄する市町村長の許可を得ることが必要です。そして許可を得るためには以下の条件が必要となります。

(続きはリンク先)

2.袋井工場施設紹介(袋井工場・山田)

袋井工場は建設混合系廃棄物を自動選別によって高度な選別をすることができる室内型産業廃棄物処理施設です。重機や手選別によりある程度選別された廃棄物は自動選別ラインに投入され更に細かく選別され廃棄物の再利用に向けて処理されます。自動選別ラインでまずバリオセパレーターにて軽量物、重量物、細粒物に分別されます。軽量物の手選別ラインで異物を取り除きRPF原料になります。重量物ラインは手選別で木くず、非鉄が拾われ磁選機によって金属が拾いだされます。

(続きはリンク先)

3.大川工場新設備の紹介(大川工場・鈴木)

9月12日にバリオセパレーターの選別ラインにスポットクーラーを設置しました。朝、晩はだいぶ涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑い日が続くため熱中症対策に役立っています。

(続きはリンク先)

4.材料承認(再生盛土材・再生基礎裏込材)更新のお知らせ(磐田工場・麻生)

毎年、静岡県が定める「盛土材料取扱基準」品質等の調査が行われます。本年度も、適合し承諾を頂く事が出来ました。令和2年度の再生砕石(再生盛土材・再生基礎裏込材)の材料承認が御用意できます。

使用期間  自 令和 2年 8月25日 (承諾日)
至 令和 3年 8月24日

ご入用の方は、㈱リサイクルクリーン磐田工場まで連絡下さい。

(続きはリンク先)

5.許可の変更について(桜台工場・齋藤)

令和2年9月11日に桜台工場の既存破砕施設と固形燃料製造設備の破砕施設について24時間稼働の許可が下りました。内容としては既存破砕施設が廃プラ73.39t/日 木屑66.28t/日 がれき類264.64t/日になります。これに合わせて固形燃料製造設備の破砕施設が廃プラ・木屑それぞれ108.48t/日となります。尚、新設となる圧縮プレス機に関しても9/17(木)に無事に試運転を終え24日(木)の役所の確認を待つのみです。

(続きはリンク先)


 

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.アパート解体工事について(工事G・三倉)

軽量鉄骨造のアパートを掛川市内にて解体しました。駐車場が広く作業状況は全く問題ありません。屋根材を人力で撤去後、内装造作をきっちり解体します、その後 重機で上屋・基礎を解体 整地して完了となります。近隣住民様にご迷惑をお掛けしないようオペレーター、手元作業員と共に細心の注意を図り工事を進め、皆の協力で無事に完了することができました。

㈱リサイクルクリーンでは様々な解体工事を施工しています。解体工事のご計画のあるお客様、是非 お問い合わせくださいお待ちしております。見積り無料!

(施工の様子はこちら)

2.浜松市 民間建築物 吹付アスベスト対策事業について(工事G・乗松)

吹付アスベストは(石綿)は、長年にわたり、建築資材として多くの建築物に使用されてきました。空気中に飛散したアスベストの繊維を吸引後、長い年月を経て肺がんや中脾腫等の健康被害を引き起こす原因となることが明らかになってきました。今現在、吹付アスベストの使用は禁止されていますが、依然として吹付アスベストを露出したままで放置をされている建築物が多々見受けられます。放置をしておくと劣化して、空気中に飛散し健康被害を引き起こします。

平成元年以前の建築物の吹付材には、アスベストが含まれている場合があります。浜松市では、安全で安心なくらしを確保するために、民間建築物の吹付けアスベストの分析調査や助教等の工事にかかる費用の一部を醸成する事業を実施しております。先ずは、浜松市都市整備部建築行政課へ事前協議をしてください。事後申請は、出来ませんので、ご注意ください。
※バーミキュライト、パーライト、仕上げ塗材の除去は、対象外です。助成の手順は、以下の通りです。

(続きはリンク先)

3.産業廃棄物処理委託先の現地確認について(廃棄物G・池ヶ谷)

日頃御世話になっております。排出事業者が産業廃棄物処理を委託する場合、処理状況を確認する旨が廃棄物処理法にて定められています。

【廃棄物処理法第 12 条第 7 項
事業者は、前二項の規定によりその産業廃棄物の運搬又は処分を委託する場合には、当該産業廃棄物の処理の状況に関する確認を行い、当該産業廃棄物について発生から最終処分が終了するまでの一連の処理の行程における処理が適正に行われるために必要な措置を講ずるように努めなければならない】

この条項はあくまで「努力義務」である為、現地確認を義務付けている内容ではありません。
ただ自治体によっては条例等で「実地確認」を義務付けている場合があります。

(続きはリンク先)

4.RPF燃焼製造設備設置について(藤枝営業所・鈴木)

いつもお世話になっております。弊社の日頃の事業運営に関しまして、一方ならぬご指導とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。現在弊社では、浜松市西区桜台にあります桜台工場にて、RPF燃料製造設備を設置する為の準備及び各種手続きを進めております。今回こちらの設備を設置することによって、環境にどのような影響があるのか説明させていただきます。

(続きはリンク先)

 ※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

 


 

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第54回

<廃棄物処理法に基づく立入検査について>

先月号では、廃棄物処理法第18条に基づく報告徴収について書きましたが、今回は第19条に基づく立入検査について書いてみたいと思います。 まず、法第19条第1項では、「都道府県知事(政令市長を含む。)又は市町村長は、この法律の施行に必要な限度において、その職員に、事業者、処理業者その他関係者の事務所、車両、廃棄物処理施設に立ち入り、廃棄物若しくは廃棄物であることの疑いのある物の保管、収集運搬若しくは処分、廃棄物処理施設の構造若しくは維持管理等に関し、帳簿書類その他の物件を検査させることができる。」と規定されています。

前回と同様にこの規定を解釈すると、以下のとおりとなります。

(続きはリンク先)

2.品質保証部長栗田のコラム「おしえてマロンさん」

季節は早いもので10月となりました。昔と違って四季の移り変わりを肌で感じることはめっきり少なくなりましたが、植物は葉を落とし、季節の果物は例年通りに実ってきています。私自身も山間地の農地整備されていない狭い田んぼでお米を作っていますが、今年の実りは余り良くありません。科学肥料は使用しない、殺虫剤や殺菌剤は使用しない等できるだけ無農薬農法で10年程前から稲作を続けていましたが、今年は病害虫の被害がひどく殺虫剤にて対策をしましたが、収穫は例年の半分程と寂しい結果となってしましました。また今年は静岡県襲来の大きな自然災害も来てはいませんが、国内を見渡すと甚大な被害が出ています。あと少しでお米の収穫もできますので、それまでは秋晴れが続くことを望んでいます。

さて、弊社ではかねてから計画し進めていました桜台工場の設備工事が着々と進行しております。

(続きはリンク先)


 

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)


 

◇◆ 編集後記 ◆◇

先日、社内研修として「新聞講座」というものを開催しました。静岡新聞社の記者を講師として招き、新聞の読み方的な基礎からスタートし、実際に作られた新聞記事を読んで自分なりに記事の見出しを付けるいうワークショップ形式も含めた研修です。参加者は全員管理職ですので人前で話しをする機会も多い社員が中心です。情報を得る(インプット)だけでなく、伝える(アウトプット)事に活かすというのが目的の研修でした。

意外(予想通り?)なことに15名の参加者のうち日常的に新聞を読む習慣があるのは3名のみ。世の中の出来事はSNSを中心としたウェブで情報を得る人が多いことを改めて実感したのですが、SNSはアルゴリズムや属性により情報が偏りがちです。これだけSNSが発達し過ぎた現在だからこそ、新聞というアナログメディアの重要性が逆に高まっていると研修を主催した私は考えるのですが、如何でしょうか。


★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp


★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

 


バックナンバー


令和2年9月経営会議を行いました【9月2日】

令和2年9月経営会議を行いました【9月2日】

《継続事項》

1、社員教育訓練の継続、知識習得、OJT方式での指導

2、新規設備導入について(4か所)

《前回決定事項について》

1、新型コロナウイルスによるリスク回避対策、現場での注意事項、事務所の分散化等→◎

2、全社員の健康チェック徹底→◎

3、全ての来客者への検温、マスク着用、アルコール消毒の徹底→◎

4、現場での熱中症対策について→◎

《決定事項・お知らせ》

1、営業部、事務部を一体とした組織変更を行い、部門間の垣根排除、風通しの良い組織体系とする。

2、退職社員の業務引継ぎの件

3、稟議書の運用変更について

以上

詳細は各事業所に保管されている議事録を参照して下さい。

令和2年8月経営会議を行いました【8月6日】

令和2年8月経営会議を行いました【8月6日】

《継続事項》

1、社員教育訓練の継続、知識習得、OJT方式での指導

2、RPF出荷の件、新規出荷先開拓

4、新規設備導入について(4か所)

《前回決定事項について》

1、7月から開始した「🉐夏のご新規様限定キャンペーン」についてのお願い

2、袋井工場隣接地の新駐車場の運用管理方法策定

《決定事項・お知らせ》

1、新型コロナウイルスによるリスク回避対策、現場での注意事項、事務所の分散化等

2、全社員の健康チェック徹底

3、全ての来客者への検温、マスク着用、アルコール消毒の徹底

4、現場での熱中症対策について

以上

詳細は各事業所に保管されている議事録を参照して下さい。

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.66

㈱リサイクルクリーン メールマガジンvol.66

1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記

このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

初夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。さて、このたび弊社では日頃の感謝の気持ちを込めて、7月1日~8月31日まで「夏のご新規様限定キャンペーン」を開催しております。

廃棄物処理キャンペーンでは、廃棄物処理・コンテナ等を新規ご契約のお客様先着100名様に、オリジナルBOXティッシュ5箱+オリジナルタオル+「炭焼きレストランさわやか」プリペイドカード最大3,000円分+個人のお客様にはTポイント2倍プレゼント。

解体工事キャンペーンでは、解体工事お見積り先着100名様にオリジナルBOXティッシュ5箱+オリジナルタオル+「炭焼きレストランさわやか」プリペイドカード1,000円分プレゼント。更にキャンペーン期間中のご契約で見積金額の5%割引+個人のお客様にはTポイント2倍プレゼント。

お得なサービスが盛りだくさんです! ぜひご利用ください!

日に日に暑さが厳しくなる今日この頃です。皆様におかれましては、何卒ご自愛の程よろしくお願い申し上げます。

弊社取り扱い業務・・・一般廃棄物収集運搬・産業廃棄物収集運搬処分、RPF(固形燃料)製造販売※廃プラスチック処分、機密書類リサイクル、ダンボール・古紙回収、金属類回収、医療系廃棄物回収、水銀使用廃棄物(蛍光灯等)回収、グリストラップ(油水分離槽)清掃、建物解体工事、建物清掃業務、遺品整理など。

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.RPF発電のメリット(袋井RPF・山口)

私たちの生活には火は欠かせないものです。産業革命以降、世界中でガソリンや石炭等の化石燃料を主要燃料として用いてきましたが、CO2や排気ガスによる深刻な環境問題が発生しています。化石燃料の代替燃料として用いることで大気汚染の原因である排気ガス、ダイオキシンを抑制する事が出来る、それがバイオマス燃料の一つであるRPFです。

(続きはリンク先)

2.弊社使用クレーン(業務・市川)

雨後の蒸し暑い季節に入っていると思われますが、皆様どの様にお過ごしでしょうか。6月19日、東京アラート解除と東京都内休業要請全面解除になりました。まだまだ予防をして行かなければいけない気がします。ここ最近、静岡県西部地区にも1名、感染者が出たとか、他県へ仕事に行く方々は私もそうですが、しっかりと予防対策をして行きましょう。・・・マスク熱いですけど。

(続きはリンク先)

3.岡部工場業務内容(岡部・村松)

岡部工場は主に県中部地方、遠方になりますと伊豆地方までの産廃物の回収を承っております。回収車両は2tフックロール1台、2tダンプ1台、4tフックロール2台、4tパッカー車2台、小型移動式クレーン車が9台(ショート7台、ロング1台、増t1台)保有しております。業務内容は、平積み~BOX交換まで可能としております。全工場共通ですが、即日対応をモットーに、迅速、丁寧、安心を心がけ作業させて頂いております。産廃物以外にも、解体工事、一般廃棄物収集運搬(藤枝市)も業務としておりまして、その他にもグリストラップ清掃、仮設トイレ貸し出しなども承っております。今月からはキャンペーンも開催中ですのでこの機会に是非とも宜しくお願いし致します。

4.サーキュラー・エコノミー(浜松・北島)

非常事態宣言が解除され経済も徐々に回復してくると思います。ステイホームの中皆さんは何をしていましたか?日本中で家の片付け、断捨離をした方が多いと思います。もちろん不要物がたくさん出れば可燃ごみが増え焼却場から出る温室効果ガスが地球温暖化に大きな影響を与えているのは皆さんご存じだと思います。そこで大切になってくるのが「サーキュラー・エコノミー」です。

(続きはリンク先)

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.蔵解体工事について(工事G・三倉)

コンクリート造の蔵を浜松市内にて解体しました。コンクリート造の蔵は結構珍しいものです、敷地の状況的には隣家境界付近に建っており廃材の落下・粉塵の飛散などの注意点があります。近隣住民様にご迷惑をお掛けしないようオペレーター、手元作業員と共に細心の注意を図り工事を進めました。皆の協力で無事に完了することができました。

(続きはリンク先)

2.自家用電気工作物について(工事G・乗松)

「ご存じですか?」
「電力会社から600ボルトを超える電圧で受電する電気設備」や「一定出力以上の発電設備」等は、「自家用電気工作物」として電気事業法の規制を受け、国への手続き等が必要となります。

「主な手続きは、次の2つです。」

(続きはリンク先)

3.7月、8月のキャンペーン案内(廃棄物G・萩尾)

いつもお世話になっております。リサイクルクリーンでは3月、4月に「春のご新規様限定キャンペーン」を行い多くの方に、お問い合わせ、契約をいただきました。春に続いて7月、8月にも「夏のご新規様限定キャンペーン」を行います。キャンペーン対象商材は、各コンテナ利用、産業廃棄物回収、グリストラップ清掃、解体工事等、弊社の取り扱い業務が対象になります。

各コンテナ利用、産業廃棄物回収、グリストラップ清掃等の新規お申し込みのお客様には、オリジナルBOXティッシュ(5箱)、オリジナルタオル、炭火焼きレストランさわやかのプリペイドカード(金額はご契約内容に変わります。)を差し上げます。個人のお客様にはTポイントを2倍も差し上げます。

解体工事のお問合せをいただいたお客様で、お見積り依頼を頂いた方には、オリジナルBOXティッシュ(5箱)、オリジナルタオル、炭火焼きレストランさわやかのプリペイドカード(1,000円分)を差し上げます。ご契約になったお客様には、お見積金額からの5%割引とTポイントを2倍差し上げます。

春のキャンペーンを逃した方も、ゴミ、廃棄物、解体工事でお困りの方もお気軽にお問合せください。

※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第51回

<建設工事に係る排出事業者について>

産業廃棄物の処理責任は、排出事業者にあるという廃棄物処理法の大原則から、誰が排出事業者に当たるかは、正しい理解をしないと法違反に繋がることがあります。通常、不要物の占有者が排出事業者とされていますので、占有権を持っている当該物の持ち主が排出事業者となります。製造業や農業・商業等の業種では明確で、廃棄前(不要物化前)の時点で占有=使用していた者が、それに該当します。

ところが、建設工事については、建築物・工作物の占有者(使用者)が排出事業者になるのではなく、当該工事の元請者が排出事業者になるという特例があります。廃棄物処理法では珍しく、運用通知ではなく法第23条の3という1条を設けて、「建設工事に伴い生ずる廃棄物の処理に関する例外」として規定しているのが特徴です。この条文は、約10年前の平成23年法律改正で新たに追加されたもので、今回のコラムでは、ここに至るまでの紆余曲折について書いてみたいと思います。

(続きはリンク先)

2.BCP事務局便り

こんにちは。㈱リサイクルクリーン事務部の鈴木達也です。第35期経営方針の「事業継続計画(BCP)の策定・実施」の状況ですが、各部門のBCP責任者から、続々と宿題が提出されてきています。この全部門の取りまとめが意外に大変です。

(続きはリンク先)

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)

◇◆ 編集後記 ◆◇

コロナ太り解消、という訳ではありませんが、24時間営業の某スポーツジムが自宅近くにオープンしたことを機に入会しました。それ以前も別のスポーツジムに通っていたのですが、入会当初は客層の違いに若干の戸惑いを感じました。何といっても若い!のです(以前のところが逆にご年配の方々が多かったというのも・・)。

一人自宅で身体を動かすよりスポーツジムに通った方が継続や効果を得やすいのは、結局のところ人の目を意識するか否かということでしょう。少なくとも意思薄弱な私はそうです。若い方々に混じって負けじと汗を流していると、その時間だけでなく生活全般に張りが生まれるような、そんな新しい刺激を最近楽しんでいます。

★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp

★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

バックナンバー

第35期 (令和2年5月1日~令和3年4月30日)経営目標・経営方針を策定しました。

第35期(令和2年5月1日~令和3年4月30日)経営目標・経営方針を策定しました。

第35期 経営目標
(数字目標)

・売上目標 60億円
・経常利益目標 7億円
・リサイクル率 88%
・処分料金比率 18%

第35期 経営方針
(経営者・部門長一年間の指針)

「顧客満足の追求 」
「処分料金の削減・リサイクル率の向上」
「社内教育訓練の徹底」
「過信・慢心の排除」
「事業継続計画(BCP)の策定・実施」

第34期経営方針実施報告書が提出されました。

第34期経営方針実施報告書が提出されました。前期経営方針の柱は、①顧客満足の追求②処分料金の削減・リサイクル率の向上③社員教育の徹底④過信・慢心の排除⑤事業継続計画(BCP)の策定・実施です。

このレポート内容を全社員が共有出来る様、部門別ミーティング、個人面談で活用し今期以降に繋げて下さい。

当報告書は部門長から手渡しで全社員に配布、各自のファイルに保管して下さい。

6月経営会議を行いました。

6月4日(木)本社二階会議室にて6月経営会議を行いました。

継続事項

①新入社員教育、OJT形式での現場教育

②RPF出荷先の拡大

③既設設備を利用した新商品開発

④岡部工場新設備導入後の成果検証

⑤新規設備導入について

⑥「新型コロナウイルス感染症対策」の実施状況確認、営業・事務・工場の役割分担再確認

決定事項・お知らせ

①前期の部門別目標・個人目標の検証、面談

②今期の各種目標設定※目標は全社員が共有できるように社内へ掲示する。

③処分業新規許可取得の件

④6月、7月に行われる「工場周辺清掃活動」について

⑤今後の経済状況について

以上

詳細は各事業所に保管されている議事録を参照して下さい。