「RPF」タグアーカイブ

メールマガジンvol.82

メールマガジンvol.82

1.社長あいさつ
2.掲示板
3.トピック
4.連載コラム
5.お得な情報
6.編集後記

このメルマガは今まで名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。少しでもお役に立つ情報を配信しますので是非ご一読いただければ幸いです。配信停止をご希望の場合はお手数ですが末尾のメールアドレスに返信をお願いします。

◇◆ 社長あいさつ ◆◇

晩秋の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。緊急事態宣言が解除され、少しずつではありますがあらゆる場面で活気が取り戻されつつあると感じます。一日も早く平時に戻ることを祈念いたしております。

月日の経つのは早いもので今年も残すところ2か月を切りました。年末の片付けや年始の準備は早めに取り掛かりたいものです。

弊社においては11・12月の2か月間、「年末キャンペーン」を開催いたします。日頃の感謝を込めて大変お得な内容となっておりますので、ぜひご利用ください。

今年は「秋が無い」と言われるほど一気に寒さが増しました。

皆様方におかれましては、体調管理に十分留意していただきます様、心からお願い申し上げます。

◇◆ 掲示板 ◆◇

リサイクルクリーンのリーダー達(工場長、部長)からの案内を掲載します。

1.プラスチックの処理ならお任せ(袋井RPF工場・山口)

『プラスチック資源循環促進法』が2021年6月4日に参議院で可決成立しました。2020年7月にプラスチック製レジ袋の有料化が施行されましたが、それをさらにスケールアップされた新しい法律になります。『プラスチック資源循環促進法』は、使ったプラスチックを再び資源としてサイクルしていくことを促す法律です。この法案の基本方針として、以下の3つが挙げられています。

(続きはリンク先)

2.安全管理・衛生管理(業務部・市川)

朝夕の冷え込みが厳しい季節になりましたが、皆様どの様にお過ごしでしょうか。
ここ最近までコロナ過での緊急事態宣言もあり会議招集が出来ずにいました。
昨日、1年ぶりとなる安全衛生会議を開催、久しぶりに集まる顔ぶれに嬉しく思う反面文書での資料回覧でとどまっていたせいか軽微な事故が増えてきたことも有り集まらせざるをえない状況だったことを悲しくも思うのでした。・・・( ノД`)シクシク…
弊社では安全作業7ヶ条なるものが有ります。

(続きはリンク先)

3.5S活動について(岡部工場・村松)

今回は5S活動ついてご紹介します。
弊社におきましては、いつでもどなたでも工場見学を受け付けております。その為、常日頃から工場内、外を綺麗に保つことを意識しております。ですが処理の工程により、どうしても埃やゴミの飛散が発生してしまい構内はすぐに汚れてしまいます。その為全工場共通のルールとして、気付いた人や手が空いた人がゴミ拾いなどの掃除をする事とし綺麗な工場を保つよう心掛けております。ただ慣れというものは怖いもので、普段目に付かない所はいつまでも埃が被ったままでそのままになってしまうものです。そこで、現在は毎月「5」の付く日を目安に全従業員にて5S活動を行っています。

(続きはリンク先)

4.燃料高騰!!(浜松営業所・北島)

ここ数ヶ月燃料の高騰が止まりません。現在レギュラーガソリンで160円ほど通勤車両軽自動車でも満タンで5000円オーバーするほどです。
わが社では回収車両100台以上保有しており燃料の高騰は経費に直結しております。少しでも経費が削減できるように各ドライバーには「エコドライブのススメ」を指導しています。アイドリングストップから車両のメンテナンス、ムラのない運転等、各車両ごとの燃費を把握し、少しでも燃費が良くなるように日々業務にあたっています。
自宅には1台ディーゼル車、通勤車両の軽自動車と2台ありますが、いよいよ1台はEV車にしなければいけないなと思っている今日この頃です。

◇◆ トピック ◆◇ いずれも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730

1.廃棄物処理工場での火災(廃棄物G・鈴木)

いつもお世話になっております。
先日から静岡県内の廃材置き場やリサイクル業者、ごみ処理場での出火が相次いでいます。廃棄物処理場での火災が頻繁に起きているということはご存じの方は多くはないと思います。私もこの仕事を始めるまでは気にしてませんでした。産業廃棄物処理業者として弊社も火災に関して気を付けなければいけないと思っております。
近年、問題視されているのは電子タバコなどに搭載されているリチウムイオンバッテリーです。

(続きはリンク先)

2.真鍋淑郎氏のノーベル物理学賞受賞から(藤枝営業所・増田)

先月5日、地球温暖化研究に対する功労が認められて、ノーベル物理学賞の共同受賞者として日系米国人の真鍋さんがノーベル物理学賞を受賞されてからはや一ヶ月が経とうとしています。
お恥ずかしながら、「ノーベル賞」といっても自分の認識はダイナマイトの発明者の遺言によって始まったとても素晴らしい名誉ある賞というくらいで何がどのように素晴らしいのか、全くわかっていないところが正直なところではありました。こういったきっかけをもって改めて受賞者の方をはじめ、それに関係した研究分野や関係する人や事柄を調べてみてはいかがでしょうか。

(続きはリンク先)

3.産業廃棄物のマニフェスト伝票を紛失したら(廃棄物G・大石)

産業廃棄物のマニフェスト伝票は、排出事業者が自社の廃棄物が適正に処理されているのか確認できる制度です。
排出事業者が交付する紙マニフェストは、7枚綴りの複写式となっており、A票については交付後5年間、B票からE票については、返送を受け取った日から5年間保存義務があります。また、保存期間中に紛失し放置してしまった場合、義務違反となり刑事処分に処せられます。

では、マニフェストが紛失した場合、どのように対応したらよいのでしょうか。

(続きはリンク先)

4.建築物石綿含有調査者の講習を受講してきました(工事G・内山)

この度、建築物石綿含有調査者講習を受講してきました。この度、建築物石綿含有調査者講習を受講してきました。
今回の受講で石綿調査において石綿含有建材の記載箇所を効率的に見つけるための方法として防火規制に着目する、断熱や結露防止・吸音などの設計者の設計思想や建築部位に求められる性能に着目するといった調査行い方を学ぶことができた。
その他に分析に関する事項など専門機関に依頼してきた部分も講習にて勉強することができた。
今回講習を受講した後に試験があり、合格した者が石綿含有建材調査者(今回は一般調査者)の資格を得ることができます。

(続きはリンク先)

※※ いずれのトピックも詳しくは営業部まで TEL 053-925-5730 ※※

◇◆ 連載コラム ◆◇

1.元産廃GメンKAMAちゃんの「廃棄物ひとくちコラム」 第66回

<熱海市内で発生した大規模土石流災害について(続報)>

本年7月3日に発生した大規模土石流については、20名以上の方が死亡または行方不明になり、130棟以上の家屋が巻き込またうえに未だ復旧の目途が立たないなど、県内では稀に見る大災害となっています。被災された皆様には、心からお見舞いを申し上げます。本件については、発災直後の本コラム8月号に寄稿させていただきましたが、その後調査が進み幾つかの問題点が指摘されていますので、今回は続報としてお伝えしたいと思います。

問題点1:規制体制の不備
盛土に対する規制については法律がなく、自治体が「条例」を定めて規制するしかない点が挙げられています。しかも、静岡県条例は、神奈川県に比べ規制が緩いために、県境を越えて当該地に運び込まれたと言われています。これだけ大規模な災害発生の原因となったのに、現在の静岡県条例の最高罰は、措置命令に違反した場合の罰金20万円です。
また、条例により課せられる罰則自体も、地方自治法14条第3項の規定により、2年以下の懲役・禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料もしくは没収(以上刑罰)又は5万円以下の過料に制限されています。つまり、県議会でも議論されているように、条例で定め得る最高罰に改正したとしても、懲役2年、罰金100万円が限度となります。廃棄物処理法の最高罰が、懲役5年、罰金1千万円、法人に対しては3億円であるのに比べると、条例での規制の限界が見えてきます。今日も総選挙の選挙カーが私の事務所の前を行きかっていますが、盛土に対する法規制を選挙公約に掲げている候補者がいないことは、残念でなりません。 盛土工事は、他人の生命財産に係る重大行為であることを踏まえ、早急な法整備が求められています。

(続きはリンク先)

◇◆ お得な情報 ◆◇

1.ご希望の物件を親切に探します!「天竜不動産」物件情報

こんにちは天竜不動産です。売土地、中古物件、賃貸物件等ご紹介しています。また、土地・建物の買い取りも行っております。ご相談には費用はかかりません。お気軽にお問い合わせ下さい。

(続きはリンク先)

2.クルマのことなら何でもお任せ!「協同センター」在庫情報

浜北区於呂の杏林堂隣で新車・中古車販売をしています。展示車情報・カスタムカー・イベント情報キャンペーン情報など配信していきます。また皆様のご来店を心よりお待ちしております!

(続きはリンク先)

◇◆ 編集後記 ◆◇

弊社のHP等に於いてもお伝えしている通り、9月末日付にて株式譲渡を受けFDKエコテック(岐阜県海津市)をグループ会社化しました。パソコンを中心とした電子機器の処分と再資源化を行う会社であり、リサイクルクリーンとの連携によりお客様により良いサービスを提供出来るよう努めていく所存ですのでよろしくお願い致します。

FDKエコテック株式会社 HP (http://www.fdk-ecotech.com)

FDKエコテックはリサイクルクリーンとして7社目の子会社(うち2社は清算済のため現存5社)となります。仕事柄、それら子会社の引受けや立上げに個人的には何らかの形で必ず関わってきまして、いずれも非常に良い経験が出来たと思っています。当然その間は新たな仕事が増える訳で、今回も株式譲渡の基本合意前から決済後までの3ヵ月ほどは移行に伴う相応の仕事量がありました。

仕事が増えること、しかも経験の無い仕事、それをポジティブに捉えるのか、ネガティブに捉えるのか。手当や役職を目先にぶら下げられれば張り切るのではなく、評価や報酬は後から付いて来るものだと考えたいものです。今回もグループ会社化に関与して貴重な経験が出来ましたが、私もそろそろロートル。仮に次の機会があれば、その様な経験が生み出す価値観を次の世代に体得してもらいたいと思います。

★発行人:株式会社リサイクルクリーン
★発行責任者:坪井潤 j-tsuboi@recycle-clean.co.jp
★弊社HP:http://www.recycle-clean.co.jp/
★問合せ先:info@recycle-clean.co.jp

★このメルマガを社内、お取引先、ご友人、興味のある方にご自由に転送して下さい。
★配信停止は次のアドレスへ空メールを送って下さい kaijyo@recycle-clean.co.jp

TVで取り上げていただいた映像バナーを追加しました。

TVで取り上げていただいた映像バナーを追加しました。

弊社HP、トップページバナーからご覧ください。

桜台工場(設備改修前)2013.9.29放映

袋井RPF工場(竣工時)2015.3.29放映

桜台工場(設備改修後)2021.8.21放映

弊社では、可燃性の廃棄物を利用して廃棄物由来の固形燃料「RPF」を製造しております。

「RPF」は製紙会社等のボイラーで石炭等の固形燃料の代替品として使用されています。

SBSテレビの「元気!しずおか人」で桜台工場の取り組みが紹介されました。

SBSテレビの「元気!しずおか人」<令和3年8月21日(土)、午前9時25分より放映>で株式会社リサイクルクリーン桜台工場の再生燃料(RPF)への取り組みが紹介されました。動画は後日UPします。
「元気しずおか人」で取り上げて頂いたのは今回で3回目です。
以前の動画もご覧ください。
2013.09.29放送 「ゴミから作る固形燃料」
2015.3.29.放送 「産廃から再生可能エネルギーを」
㈱リサイクルクリーンでは、3事業所(大川工場、桜台工場、袋井RPF工場)で廃棄物由来の固形燃料「RPF」(石炭等化石燃料の代替え品)を製造しております。
脱炭素社会、CO2削減、地球温暖化対策の一助となればと思います。

「廃棄物処理」「解体工事」は、㈱リサイクルクリーンにお任せください!

おはようございます!
「廃棄物処理」「解体工事」は、㈱リサイクルクリーンにお任せください!
現場回収、定期回収も可能です。お預かりした廃棄物は、安心、安全、適切な処分をお約束します。見積り無料ですので、お気軽にお問い合わせください。また不用品やゴミに関する、お問合せ、ご相談やお困りごとについてもお気軽にお電話ください!
コンテナの種類は3種類あります。
ミニコンテナ(1.5立米)29,700円(消費税込み)底面積(設置場所)は約タタミ1畳分です
コンテナ(3.5立米)51,700円(消費税込み)底面積(設置場所)は約タタミ2畳分です
フックロール(8.0立米)110,000(消費税込み)
その他、トンパック(1.0立米)2t・4t平車バラ積み(コンテナ設置場所が無い場合など)も対応いたします。
営業範囲は静岡県全域、愛知県東三河地区です。
※遠方の場合は割増料金が掛かる場合があります。
産廃業者として地域に貢献している弊社は、解体業としても豊富な実績とノウハウを構築。ビル・マンション等の解体から一般住宅や物置小屋、内装のみの解体まで幅広い種類の解体工事に対応しています。
お問合せは・・・0120-01-5255
メールによるお問い合わせは https://www.recycle-clean.co.jp/info/otoiawase
お気軽にお問い合わせください!
㈱ リサイクルクリーン
本社:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣41
053-925-1366

5月のRPF出荷量が2,272㌧と過去最高となりました。

5月のRPF出荷量が2,272㌧と過去最高となりました。

内訳は、袋井RPF工場1,578㌧、桜台工場543㌧、大川工場151㌧です。

2月に新規稼働した桜台工場が二勤体制となり、出荷量に貢献してくれました。今後は三勤体制を早期実現し、更なる製造量アップへ繋げたいと思います。

RPFの原料、商品ともに引き合いが多くなりました。

製造能力にまだ余裕がありますので、廃プラスチック類のリサイクルをご検討のお客様、廃棄物由来の固形燃料RPFのご利用をお考えのお客様はぜひお問い合わせください。

また、同業者の方からの受入れも積極的に行っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

RPF製造量2,000㌧達成しました。

桜台工場の新規設備稼働により、大川工場、袋井RPF工場、桜台工場の3月RPF製造量が2,000㌧を越えました。

4月からは桜台工場を2交代制で稼働。当面は目標の3工場合計2,500㌧に挑戦していきます。

「RPF」とは Refuse derived paper and plastics densified Fuel の略称であり、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及び廃プラスチック類を主原料とした高品位の固形燃料です。
RPFは、石炭やコークス等、化石燃料の代替として、大手製紙会社、鉄鋼会社、石灰会社など多くの産業で御好評をいただいております。
このRPFには以下のような特長があります。

RPFは、石炭(例. 輸入一般炭)に対して燃焼時に同一熱量回収を行う過程で、石炭よりも約33%のCO2排出量低減効果のある高品位の燃料です。RPFを石炭代替燃料として使用することは、CO2排出の低減と枯渇性資源の節減、埋立て処分場の延命などの相乗効果も含めると、地球環境にとても親和的な施策です。(一般社団法人日本RPF工業会資料抜粋)

廃プラスチック類を排出される事業者の皆様、弊社の固形燃料製造システムでCO2排出の低減、脱炭素社会の実現に寄与しませんか?

お気軽にお問い合わせください。

株式会社 リサイクルクリーン

桜台工場RPF製造施設2月16日から本格稼働となります。動画①

桜台工場RPF製造施設動画1

本日、2月16日から本格稼働となります。

廃プラスチック類の近場でのリサイクルをお考えのお客様はぜひお問い合わせください。

製造された固形燃料「RPF」は、主に静岡県内で消費されます。

長距離輸送を行わないため、CO2削減にも寄与します。

㈱リサイクルクリーン 営業部 0120-01-5255

メールでのお問い合わせ

(株)リサイクルクリーン桜台工場(浜松市西区桜台)RPF製造設備完成しました。

(株)リサイクルクリーン桜台工場(浜松市西区桜台)RPF製造設備完成しました。
メーカーによる過負荷運転・性能検査、役場の検査を終了後、本格稼働となります。
今回導入の新規設備は、弊社袋井RPF工場(袋井市村松)大川工場(浜松市天竜区大川)で既に稼働中の「RPF製造設備」です。
旧浜松市においては唯一の「RPF製造設備」となります。
RPF」とはRefuse derived paper and plastics densified Fuel の略称で、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な廃プラスチック類及び古紙を主原料とした高品位の固形燃料です。
RPF」は、石炭やコークス等、化石燃料の代替として、大手製紙会社、鉄鋼会社、石灰会社などの産業で使用されています。
弊社は可燃性の廃棄物(廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず)を利用して廃棄物由来の固形燃料「RPF」を製造・販売すること「脱炭素社会」に貢献していこうと考えます。
静岡県内で完結するリサイクルシステムなので、原料になる廃棄物の運搬距離を短縮することが可能となりCO2排出削減にも寄与します。
マテリアルリサイクルが困難な廃プラスチック類及び、紙くず、木くず、紙くずのリサイクルをお考えのお客様はぜひご利用ください。
(株)リサイクルクリーン 0120-01-5255

1月8日(金)本社二階会議室にて、経営会議を行いました。

1月8日(金)本社二階会議室にて、経営会議を行いました。

【継続事項】

1、新規設備、許可取得の実行

2、コロナ禍においての心構え

3、組織変更に伴う問題点、課題点について

4、「備品購入一覧」の提出状況及び内容確認

【前回決定事項について】

1、火災防止の「排出についてのお願い」を契約書添付、収集時現場へ配布、郵送物へ同封等あらゆる対策を講じる事

2、機械的に危険物が除去できるようなシステム構築

3、年末繁忙期に向け、基本動作の徹底、再教育

4、見積り提出後のフォローについて、より管理できる仕組み作り

5、2021年3月、桜台工場RPF施設リニューアルについて、あらゆる状態を想定した事前準備

6、2020年11月、仕事量・売上前年対比、内容確認

7、本社第二工場隣接地約900坪購入

8、12月18日、冬季賞与配布

【決定事項・お知らせ】

1、冬のキャンペーン結果及び反省・改善点をまとめる

2、11月末までの売上検証

3、メールマガジン、クリンだより新規企画について

4、新型コロナウイルス対策、緊急事態宣言への対応

内容については、部門別ミーティングで確認。議事録は各部門の保管場所で閲覧できます。

以上