本社事務所 のすべての投稿

浜松市天竜区の事業系一般廃棄物の収集はお任せください!

(株)リサイクルクリーンでは、産業廃棄物回収のほかにもさまざまな業務を行っていますが、一般廃棄物の回収も行っています。

廃棄物には、”一般廃棄物”と”産業廃棄物”に分類されます。

一般廃棄物には・・・

家庭から排出される家庭系一般廃棄物

事業活動に伴って排出される事業系一般廃棄物があります。

今回は事業系一般廃棄物を紹介します!

食品の食べ残しや茶殻などの生ごみ、リサイクルできないティッシュペーパーや写真、圧着ハガキなどの紙類、樹木管理のために伐採した刈草や剪定枝葉などが事業系一般廃棄物です。

商店やオフィス、工場などから排出される廃棄物は、自治体が回収するごみの集積場には出せれません。また、小学校や中学校、自治体で実施される資源物回収にも出すことができません。

事業所が責任をもって適正に処理することが義務づけられています。

そこで、事業系一般廃棄物の収集運搬の許可を持っている

(株)リサイクルクリーンが業務を請け負って作業を行います。

 

回収車輛には、

(株)リサイクルクリーンのマスコットキャラクター

クリンちゃんがラッピングされています

 

 

スポット回収やレストランや飲食店等から出る生ごみの定期回収まで
様々方法で回収を行います!

浜松市天竜区の方で事業系一般廃棄物の処理にお困りの方はご相談下さい

 


7月・8月の期間中【夏限定キャンペーン】を開催しています。

 

 

 

 

 

浜松市天竜区の遺品整理はリサイクルクリーンにお任せください!

浜松市天竜区二俣町に本社があるリサイクルクリーンでは、

遺品整理の業務を行っています。

遺品整理の流れは・・・

まず、現地調査を行います。一般社団法人遺品整理士認定協会の認定を受けた遺品整理士が業務を管理しています。

その後、打合せ が始まります。遺品をどのような基準で仕分けるのか、作業日、手元に残すもの、当日に処理するものなど・・・お客様の要望を伺います。

現地調査と打合せをふまえて、見積書を作成します。

覚書などの書面で契約を交わします

仕分け作業を行います。遺品の種類・大きさによって収納するボックス・容器・袋を明確化します。それぞれの要望にそった仕分けへの対応の可能なので、ご安心下さい。

実際の仕分け例です。

遺品は専用の分別ボックスに仕分けてお返しします。不用品はリサイクルクリーンで適正に処理します。

 

遺品整理のほかにも、

特殊清掃・消臭、供養・お祓い、行政手続代行、買い取り、家屋解体、リフォームなど お客様のさまざまな要望にお応えできるので、お気軽ご相談下さい。

 

リサイクルクリーンでは、一般社団法人遺品整理士認定協会の認定を受けた遺品整理士が業務を管理しています。最後まで安心してお任せ下さい。

 

電話・メールどちらでもお問合せ可能です。

お気軽にお問合せ下さい。

静岡県西部    0120-01-5255

静岡県中部・東部 0120-06-0617

メールお問合せはこちら

 

浜松市天竜区の解体工事はリサイクルクリーンにお任せください!

 

こちらは浜松市天竜区での解体工事の写真です。

リサイクルクリーンでは、浜松市を中心に静岡県内で解体工事を行っています。ビル・マンションなどの解体から、一般住宅や物置小屋、内装のみの解体まで幅広い種類の解体工事に対応しています。

リサイクルクリーンの解体工事の強みは・・・

①建物の解体工事から産業廃棄物の処理まで一貫して行えます。      県内に8ヶ所の産業廃棄物の中間処理工場を自社で所有していて解体現場から排出される廃棄物を分別し、適正に処理します。

8ヶ所の工場は、

①第一工場②第二工場③大川工場④桜台工場⑤袋井工場⑥袋井RPF工場⑦岡部工場⑧磐田工場 です!

②静岡県及び浜松市から産業廃棄物の取集運搬業・処分業共に優良認定を受けています!

優良認定とは、徹底した安全管理と廃棄物の適正処理を行っている証です。大量の廃棄物が排出される解体工事もリサイクル率100%目指して適正に処理します。

 

③解体工事時の安全の配慮

近隣住宅の方の配慮として、飛散防止用の養生を設置しています。メッシュシート、防火シート、防音シート、パネル養生等、解体現場によって異なりますが、安全第一の施工を行っています。また、屋根材の解体を行う際の転落防止措置として、親綱を設置し、作業員は必ず安全帯を着用しています。

リサイクルクリーンでは、安全の配慮を怠りません!

 

解体工事の主な営業エリアは静岡県西部から中部まで。営業スタッフがお伺いし、実際に現地を確認して見積書を作成します。見積もりはもちろん無料です!

お問合せはこちら

 

解体工事のブログ(解体日記では、実際に解体した現場が載っています。

その一部のご紹介です。

鉄骨2階建て解体工事

 

舗装工事

 

 

個人のお客様には、T-ポイントも貯まります。             一気にポイントが貯まるのお得ですね。解体工事の際は是非ご用意ください。

 

 

連休のお知らせと電子マニフェスト

こんにちは、本社事務所です。

今回はゴールデンウイーク連休のお知らせです。

当社のゴールデンウイーク連休は、

2019年5月3日~5月6日となります。

電子マニフェストをご利用のお客様につきましては、

電子マニフェスト報告期限は3日以内となっていますので、

3日以内に回収作業と電子マニフェストの登録をお願いします。

 

2019年4月より電子マニフェストの登録・報告期限が改正されました。

排出事業者は廃棄物を引き渡した後3日以内にマニフェストを登録することが必要となります。同様に運搬業者・処理業者は運搬・処分終了後3日以内に運搬・処理終了報告をしなければいけません。

今回の改正で、

登録・報告期限3日以内に「土日祝日及び年末年始」を含めません。

 

今年のゴールデンウイーク連休では、

JWNETの場合・・・

回収作業は5月1日(水)午前まで

(5月2日から5月6日は作業不可)

マニフェストの登録は5月8日(水)までにお願いします

REMSS・イーリバースをご利用のお客様も

5月1日(水)午前まで回収作業は可能です。

登録・報告もれや期限の超過を防ぐために速やかに

登録・報告をお願いします。

 

(株)リサイクルクリーンでは、REMSSという

オリジナルの電子マニフェスト運営システムがあります。

紙マニフェストの確認と保管の手間が省け。電子マニフェストが完了した時点で行政への年次報告が完了します。

電子マニフェストの導入がまだなお客様はぜひご検討ください。

 

 

工場長の紹介

今回は本社(第一工場・第二工場)の工場長の紹介をします。

 

市川工場長です。

 

平成8年ごろからリサイクルクリーンに入社していますが、

19歳から手伝いにきていたそうで、最初は派遣社員として入社しました。

以前、都田にあった自動車事業部に勤務となり

その後、桜台工場にいき、

平成29年に本社工場の工場長となり

平成30年7月に取締役業務部長となりました。

 

そんな、市川工場長の趣味は、 釣り です。

桜台工場に勤務していた頃は、よく陸で釣りをしていたそうで、

本人曰く ルアーマン だそうです!!

最近では、年に2回ほどしか行けてないそうで、

時間がない・・・とつぶやいていました。

 

工場長は、たくさんの免許・資格を持っています。

はい作業主任者、フロン回収技術者、フォークリフト

玉掛、車両系(整地)、小型移動式クレーン

移動式クレーン(大型)、自動研削、ガス溶接

アーク溶接、中古自動車査定士

などなど・・・

 

最近では、工場内だけでなく現場でも作業しています。

けがなく、安全第一で頑張ってください!

 

 

ごみの片付け・処理にお困りのお客様は、せひお問合せください。

 

本社工場へ持込のご案内

本社事務所です。

当社では、排出事業場へ行き廃棄物を収集運搬することをメインで行っていますが、お客様自身で運搬し、当社の工場へのお持ち込みも可能です!

*一般家庭の廃棄物は受け入れできないので、ご注意ください。

 

第一工場への持込の流れをご説明します。

 

まず本社の事務所で受付をします。

お客様の名前と排出事業場・車輛番号を記入し、

こちらのボードを持って、第一工場又は第二工場へいきます。

 

※構内ではヘルメットの着用が必須となるので、持っていないお客様には受付でお渡しします。

ボードの図は第一工場の案内図になります。

第一工場のシャッターを開け、そのまま奥に進みます。

(裏から工場へ入る時はここを通ります↓↓)

工場内に入り、構内作業員の指示があるので、荷下ろし場で廃棄物を降ろします。

 

※金属の持込の場合はまず、計量器に載り、計量してから廃棄物をおろします。その後、空車の計量も必要になるので、ご注意下さい。

 

廃棄物の荷下ろしが終わったら本社事務所によっていただき、

数量などが書かれたボードを事務員に渡します。

 

その後、マニフェストや伝票の処理をし、

お客様にサインをいただき持込は終了となります。

 

持込時には、事務所前に置かれている自動販売機でドリンクサービスも行っています。クリンちゃんのラッピングされている自動販売機は、各工場違うデザインになっています。

 

資源回収BOXも設置しています。

「ダンボール」「新聞」「雑誌」「スチール缶」「アルミ缶」です。

24時間受入れ可能となります。ご利用ください。

本社工場の紹介(設備・車輛)

本社事務所です。

本社工場の設備・車輛を紹介します。

株式会社リサイクルクリーンの本社は浜松市天竜区二俣にありますが、

本社に隣接する第一工場とすぐ近くに第二工場があります。

 

第一工場 

主な業務  破砕・石膏ボード破砕分離

廃石膏ボードを破砕分離機で紙と粉に分離・再資源化しています。コンテナで回収した廃棄物を分別し、2軸式破砕機で破砕・減量します。

 

第二工場

主な業務 破砕

コンテナ等で回収した廃棄物を分別し、2軸式破砕機で破砕・減量しています。処理後、再資源化できるものはリサイクル先へ売却しています。

 

工場内の流れは、、、

まずお客様より回収したコンテナ類の中身をあけます。

そして、前選別を行います。

前選別とは・・・手作業で大きい廃棄物を選別します

選別できたら、選別ラインに流し、手作業で

細かい廃棄物を選別していきます。

 

↓第一工場 選別ライン

 

↓第二工場 選別ライン

 

細かい廃棄物まで選別ができたら、品目ごとに破砕機にかけ、

破砕されたものを出荷していきます。

 

↓第一工場 破砕機

 

↓第二工場 破砕機

 

 

 

車輛🚚🚚🚚

当社で保有している車輛も様々な種類があります。

 

コンテナを積み下ろしができる

4tロング・3.5tショートのユニック車

 

廃棄物を直接掴んで重量物や大きな物を回収するヒヤブ車

 

処分場へ出荷する用の大型フックロール車

 

それ以外様々な種類の車輛があり、約120台の収集運搬車両

あるので、お客様のニーズに合わせて回収ができます。

 

 

大量な廃棄物から少量まで回収可能となるので、処分にお困りの廃棄物はご連絡お待ちしています!

 

 

ジュビロ磐田の選手が来社しました!

2019年1月11日(金)

本社工場にジュビロ磐田の2名の選手が来社されました!

 

(右)藤田義明選手 (左)小川大貴選手

サインを貰ったり、写真を撮ったり

とても優しく対応していただきました。

今シーズンも応援しています。頑張って下さい!!

 

当社では、ジュビロ磐田の「エコパートナー」として協賛しています。

ジュビロ磐田のホームゲームの時に、

リサイクルクリーンECOステーションが設置されており、

空き缶やペットボトルなどを回収しています。

ジュビロ磐田のホームゲームに行った際には、

リサイクルクリーンECOステーションを是非ご利用下さい。

関連サイト

http://www.recycle-clean.co.jp/csr/local/

 

https://www.jubilo-iwata.co.jp/hometown/environment.php

 

 

 

 

 

 

今年の年末はおでんです!

 

毎年恒例で、年末のこの時期に各工場の事務員により、

とん汁が振る舞われていますが、

今年は、「おでん」です🍢🍢

事務員や営業が手伝い調理をしています。

 

藤城社長も卵をむいてくれています!

 

昨日、下準備などをして煮込み、本日、各工場に配るので、

味の浸み込んだ「おでん」になりそうです☺☺

 

調理に参加した皆さん、ありがとうございます。

今年の稼働日もあと3日です。

温かい「おでん」を食べて、頑張りましょう!

 

 

年末年始のお知らせ

本社事務所です。

     年末年始の休暇のお知らせです!

 

 

  12月30日~1月6日までお休み

  1月7日より通常営業です。

 

 

電子マニフェストをご利用されているお客様は、

(電子マニフェストの報告期限3日以内を厳守する為)

作業可能の日にちが限られているのでご注意下さい😲😲

🌼電子マニフェストご利用のお客様の場合

年末は12月26日(水)まで作業可能

12月27日~1月6日までは作業不可

 

🌼Remssをご利用されているお客様の場合

12月27日(木)午前中まで作業可能です。

 

 

年内の作業は混みあっている場合もあるので、

余裕をもった日程でご注文お願いします☺