工場長の紹介

今回は本社(第一工場・第二工場)の工場長の紹介をします。

 

市川工場長です。

 

平成8年ごろからリサイクルクリーンに入社していますが、

19歳から手伝いにきていたそうで、最初は派遣社員として入社しました。

以前、都田にあった自動車事業部に勤務となり

その後、桜台工場にいき、

平成29年に本社工場の工場長となり

平成30年7月に取締役業務部長となりました。

 

そんな、市川工場長の趣味は、 釣り です。

桜台工場に勤務していた頃は、よく陸で釣りをしていたそうで、

本人曰く ルアーマン だそうです!!

最近では、年に2回ほどしか行けてないそうで、

時間がない・・・とつぶやいていました。

 

工場長は、たくさんの免許・資格を持っています。

はい作業主任者、フロン回収技術者、フォークリフト

玉掛、車両系(整地)、小型移動式クレーン

移動式クレーン(大型)、自動研削、ガス溶接

アーク溶接、中古自動車査定士

などなど・・・

 

最近では、工場内だけでなく現場でも作業しています。

けがなく、安全第一で頑張ってください!

 

 

ごみの片付け・処理にお困りのお客様は、せひお問合せください。

 

本社工場へ持込のご案内

本社事務所です。

当社では、排出事業場へ行き廃棄物を収集運搬することをメインで行っていますが、お客様自身で運搬し、当社の工場へのお持ち込みも可能です!

*一般家庭の廃棄物は受け入れできないので、ご注意ください。

 

第一工場への持込の流れをご説明します。

 

まず本社の事務所で受付をします。

お客様の名前と排出事業場・車輛番号を記入し、

こちらのボードを持って、第一工場又は第二工場へいきます。

 

※構内ではヘルメットの着用が必須となるので、持っていないお客様には受付でお渡しします。

ボードの図は第一工場の案内図になります。

第一工場のシャッターを開け、そのまま奥に進みます。

(裏から工場へ入る時はここを通ります↓↓)

工場内に入り、構内作業員の指示があるので、荷下ろし場で廃棄物を降ろします。

 

※金属の持込の場合はまず、計量器に載り、計量してから廃棄物をおろします。その後、空車の計量も必要になるので、ご注意下さい。

 

廃棄物の荷下ろしが終わったら本社事務所によっていただき、

数量などが書かれたボードを事務員に渡します。

 

その後、マニフェストや伝票の処理をし、

お客様にサインをいただき持込は終了となります。

 

持込時には、事務所前に置かれている自動販売機でドリンクサービスも行っています。クリンちゃんのラッピングされている自動販売機は、各工場違うデザインになっています。

 

資源回収BOXも設置しています。

「ダンボール」「新聞」「雑誌」「スチール缶」「アルミ缶」です。

24時間受入れ可能となります。ご利用ください。